リングを着ける指それぞれの意味-アニバーサリーリング薬指-

リングを着ける指それぞれの意味-アニバーサリーリング薬指-

素敵な指輪を身につけるとき、その意味合いを考えたことはありますか?

例えば、マリッジリングを着けるのは左手の薬指と決まっていますが
なぜ、左手の薬指なのでしょうか?

それは、薬指が長続きする愛が宿る「黄金の指」とされていたためです。
そこから結婚指輪の習慣が生まれたとも言われています。

それぞれの指の持つ意味を理解して、
願いが叶うように想いをこめてみてはいかがでしょうか。

薬指 Anniversary finger

『創造性とイマジネーションを刺激する』
アーティストや、クリエイティブな分野で活躍したい人は、この指に。
 
守護神は治療の神、アポロ。
古代ギリシャでは、左手の薬指には心臓につながる太い血管があるとされ、体に害をなすものに触れると、心臓に信号を伝えると考えられていました。
医者は左手の薬指で薬を混ぜ、毒が混入していないかを調べたといいます。

また、長続きする愛が宿る「黄金の指」とされ、結婚指輪の習慣が生まれました。

右手の薬指

《精神の安定・人間関係改善》
『現実』の力を表します。
現実的に直面した事柄を成功させたい、難関を突破したいなど、強い力を身につけたい時はリングを右手に着けましょう。

疲れすぎてイライラ、何か心が落ち着かない、そんな人もこの指にリングをつけてみてください。
きっといつもよりも心が穏やかになり、リラックスできるはず。
また、この指は宝石が持つストーンパワーがもっとも現れやすい位置なので、誕生石のリングをつける指としてもオススメです。

左手の薬指

《愛の絆を深める・直感、霊感を表す》
『想う』力を表します。
密かに心に誓いをたてたい、思いを伝えたい、インスピレーションを高めたいなど、強く願うときはリングを左手に着けてみましょう。

『リングフィンガー』とも呼ばれるこの指は、血管が心臓につながっていることから、心すなわちハートに最も近い指と考えられ、昔も今も愛の証としてのリングをつけるのに最適な指とされています。
恋人のいる人には永遠の愛を、片思いの人には想いが伝わるように助けてくれる重要な指です。

関連コンテンツ



ジュエリー SUEHIRO ご来店予約フォームジュエリー SUEHIRO 公式オンラインショップ


SUEHIROトップページへ戻る

page top