リングを着ける指それぞれの意味-ミドルリング中指-

素敵な指輪を身につけるとき、その意味合いを考えたことはありますか?
例えば、マリッジリングを着けるのは左手の薬指と決まっていますが、なぜ、左手の薬指なのでしょうか?

それは、薬指が長続きする愛が宿る「黄金の指」とされていたためです。
そこから結婚指輪の習慣が生まれたとも言われています。
それぞれの指の持つ意味を理解して、願いが叶うように想いをこめてみてはいかがでしょうか。

中指 Midlle finger

直感、霊感を表す。
ギャンブル好きの人は、お試しください。

守護神はサトゥルヌス。
人に憎まれたり、恨まれて起こる悪い出来事を止める力がある。
中指にはめる指輪には一度終わってしまったことを復活させる力がある。
中指に結びつく体の部分は、心臓、血管、肝臓などの循環器系。

右手の中指

《直感、霊感を表す》
自分の思ったとおりに行動したいとき、特にギャンブルを好む人に。

邪気から身を守る力強い指でもあります。
自分の意思のままに行動したい時やパワーが欲しい時につける指。
現実的な力が身につく指です。

左手の中指

《人間関係改善》
友達や家族、また仕事に関係する人たちとのより良いコミニュケーションを望む人にはこの指のリングが最適。
相手の気持ちの微妙な動きがつかめて、それを素直に受け入れられるようになるそうです。

直感力を司る。
その目的によって指輪をつければ、ひらめきやインスピレーションが沸くのを助ける。
直感力の指ですので、良い事がひらめいたり、インスピレーションが沸いてきたりするでしょう。

関連コンテンツ



ジュエリー SUEHIRO ご来店予約フォームジュエリー SUEHIRO 公式オンラインショップ


SUEHIROトップページへ戻る

page top