ENGLISH 中文
【期間限定】ご来店予約限定5大特典/交通費キャッシュバック ご来店予約/03-3669-5555

【徹底解説】結婚指輪の人気のデザインとは?売れ筋デザインをご紹介します!

【徹底解説】結婚指輪の人気のデザインとは?売れ筋デザインをご紹介します!

【徹底解説】結婚指輪の人気のデザインとは?売れ筋デザインをご紹介します!

結婚指輪は、二人の絆として、永遠に寄り添ってゆく証として、一番大切な存在です。
どのようなデザインがありどんなものが人気か、知識を付けながら、自分たちのお気に入りの指輪を探しましょう。

今お二人は、人生最高に幸せな時を迎え、これからの人生設計をたてていることでしょう。

そのまず一歩として、結婚指輪を揃えましょう。
二人の絆として、永遠に寄り添っていく大切な存在です。

結婚指輪は二人の絆の証。一生身につける宝物。


いよいよ探し始めたけれど、どんなデザインが良いかもわからないですよね。
探し始めた時、人気がある結婚指輪のタイプはどんなデザインなのか、長く使っていくにはどういったデザインだとおかしくないのか……そういったことも気になって来ると思います。
「指先が出来るだけ素敵に見えるリングはないのかな」、「自然でつけ心地のよいリングが良い」など、付けたいと思う指輪も人それぞれ。
出来れば、沢山のデザインの中から、お二人に合った指輪を選びたいと思われるのではないでしょうか。
予算もそんなにかけられないし、なるべくお安く揃えたい!と思われる方も多いです。

『結婚指輪は、お二人の気に入ったデザインやつけ心地の良い指輪が一番!
 値段やデザインも大切な要素ですが、どのような形であれ、お互いの愛情と気持ちがこもっていること・つけていて大変でないことが大切!』

ということを念頭に置いていただきまして……「結婚指輪の人気のデザイン」のご紹介に入らせていただきます。

結婚指輪の人気デザインは?


どんなデザインが人気なのか、私たちにはどれが似合うのか。

まず、「どれが似合うのか」ということに関しては、実店舗にて実際に指輪をはめてつけ心地を確かめることが理想です。
指輪をはめた感触だけでなく、指輪の幅や素材、デザインなど、画像や写真で見たものと実際に見てみたものとでだいぶ印象が変わる場合があります。
実際、弊社にいらっしゃるお客様でも、最初に店舗へいらっしゃる前にイメージしていたものとは違うお品を買われる方も多いんです。
なので、時間はかかってしまいますが、気になる店舗へ足を運び、お二人の目や感触でしっかりと品を見定めることをおススメ致します。
手のかたちや指のかたちは人それぞれ異なっていて、指の太さや長さなど個性があり、指輪をつけることで指の長所を生かしたり、短所をカバーしたりすることも可能なんですよ。
決して安い買い物でもなく、何よりお二人の大切な想い出の品となるものだからこそ、是非見て回っていただきたいです。

これから人気のデザインについてお話していきますが、その人気のデザインが必ずしも「お二人にぴったり!」の指輪になるかどうかは分かりません。
あくまでも参考程度に捉えつつ、どうしてそのデザインが人気なのかを知り、そこから「自分たちだけの指輪のデザイン」を考えていきましょう。

それでは、「結婚指輪における人気のデザイン」についてお話しします。

結婚指輪で人気のデザインTOP3

早速になりますが、結婚指輪の人気のデザイン(形状)についてご紹介いたしますね!

【第3位】V字のリング

指先が美しく見える緩やかなシルエットのリングです。
Vとなる部分の角度の加減で印象が変わるのがV字デザインの特徴。
同じVのシルエットでも、おおらかなV字やエッジの効いたV字のデザインがあります。
もし、婚約指輪と重ね付けする場合もそのVの部分にダイヤモンドがフィットし、2本重ねとしても素敵なシルエットを作り上げてくれますよ。

【第2位】ウェーブのリング

流線型の優しさや美しさを大切に、アームのシルエット自体を緩やかにひねることで、そのシルエットが指にフィットするデザインです。
ほんのりとウェーブのかかったしなやかなラインのシルエットは、性別を問わず、ゆるやかな印象を醸し出します。
ウェーブは指にフィットするため、つけ心地は常にナチュラル。
素材の曲線を楽しむデザインだけでなく、ウェーブの部分に数粒のメレダイヤを流れるように配置したデザインも、大変人気があります。

【第1位】ストレートのリング

これぞ王道、日常生活でもドラマや映画といった物語の中でもよく見かけるデザインです。
シンプルすぎてつまらない、という方もいらっしゃると思いますが、「王道」には理由があります。

年齢性別を問わず、流行にも左右されることもない、オーソドックスでベーシックなデザイン。
飽きも来なければ、どのようなシーンにも合わせられるため、使い勝手も良いのです。
日常的につけておくことが多い結婚指輪なので、このシンプルなストレートのデザインだと、働きに出ている方などはルールやマナーが厳しい方たちにも咎められることは少ないと思われます。

以上が、人気の結婚指輪のデザインです。
他にも指輪のデザインは多くありますが、この3種類の形状を選ばれる方が多いです。

人気の指輪の形は分かったけど、素材や宝石といったものはどうなっているの?


さて、前項目では、人気の指輪のデザイン――形状としてのデザインについてご紹介いたしました。
しかし、指輪のデザインというものは「形状」だけではありません。

指輪の素材や、宝石の有無、刻印の有無など、指輪に特徴をつけられる要素がまだまだ残っています。
もちろん、何もつけないプレーンな指輪もシンプルで美しく、おすすめではあります。
しかし、こういった指輪の要素をお二人で考え、選び、付随させることで「オリジナリティ」がアップします。
より「自分たちらしさを出す」ことに繋がります。

それでは、まずはどんな素材があるのかを見ていきましょう。

幅広い年代から支持される、一番人気の『プラチナ / Pt』

金属の中でプラチナは一番希少価値が高く、その純白さは二人の出発にふさわしい「純粋な色」ということで、年齢を問わずプラチナを選ぶ方が多いです。
色合いがシンプルなプラチナは、高齢になってからも飽きが来ることもなく、安心して使い続けることが出来ます。
変色しづらいのも特徴で、長く使い続けやすい理由のひとつです。

プラチナ900や950などの数字が表記されていることがありますが、これはプラチナの純度のことです。
1000分の900で、90%がプラチナという意味合いです。
残りの10%はパラジウムなどを混ぜて、強度を上げています。
中には、プラチナ1000という「純プラチナ」もありますが、純プラチナは非常に柔らかい金属です。

もし、純プラチナの指輪をお求めになるなら、例えば、鍛造という作りのように硬化処理を施してもらえるお店がおススメです。
純度の高いプラチナ素材で日本刀を作る製法、『鍛造方法』という方法があります。
その方法で、専門の職人が叩いて硬く作り上げた指輪は、出来上がりは見るからにつややかで重厚感あるものになります。
シンプルですが、素材にはこだわりたいといった方にはぴったりですよ!

少し変わった色味が欲しい方へ!『ゴールド系 / Au』

プラチナ以外の素材と言えば、ゴールドです。
プラチナと違い、色味のある素材なので、シンプルな色では物足りないという方にぴったりなのが「ゴールド」。

ゴールドが醸し出すアンティークな雰囲気は、大変魅力的です。
あまりフォーマル感がなく、ナチュラル・カジュアルに付けられるのがゴールドの良いところ。
少しだけ遊び心があり、他の方と被りづらいのもおススメポイント。
更に、他のアクセサリーやジュエリー、時計にも合わせやすくもあります。
ただ、プラチナと違い色味が入りますので、可能であれば専門店で試着して、お肌に似合う色合いを確かめてからの購入をおススメいたします。

ゴールドには、複数の種類があります。
「イエローゴールド」、「ピンクゴールド」、「ホワイトゴールド」といった色合いのものが用意されています。
それでは早速、一つずつ見ていきましょう。

純金よりも色味が強く、まばゆい『イエローゴールド』

純金よりも華やかなイエローの輝きを持つイエローゴールドは、純金に銀や銅を混ぜて作られています。
イエローゴールドの華やかさは、金の含有率に依存します。
金が多いと、より発色が鮮やかになります。

イエローゴールドは、日本人の肌色に馴染みやすい色合いです。
特徴としては、プラチナのような硬度を持ち、変色にも強いです。
純金で作られたアクセサリーよりも、宝石が映える色味を持っています。
他の色味のリングとの重ね付けでも映えるので、使い勝手も抜群です。
華やかさを大切にしたい方におすすめです。

柔らかな色合いで優しい雰囲気を醸し出す『ピンクゴールド』

ローズゴールドともいわれるピンクゴールドは、純金に銀や銅、パラジウムを混ぜて作られます。

肌なじみも良い色合いで、性別を問わず、ナチュラルに似合います。
色白な方の指にも、日焼けしている方の手元にも似合うという万能さを持っています。
あたたかみがあり、柔らかな優しい雰囲気を特徴としています。

硬度としては、純金よりも高いです。
その為、耐久性としては申し分ないのですが、銅を含むため、銅の酸化による変色が発生します。
ただ、日頃から、使った後は柔らかい布で拭ったり、薄めた中性洗剤で洗うなどのメンテナンスを施していれば、美しさを損なうことはあまりありません。
お店によっては、指輪のクリーニングやメンテナンスを行っているので、そちらを利用するのもおススメです。

プラチナよりもより明るく白く輝く『ホワイトゴールド』

ホワイトゴールドは、純金に銀やパラジウムを混ぜて作られたものの表面に、ロジウム(銀白色)でコーティングしたものです。
光り輝く白さとはまさにこのホワイトゴールドを指し示すと言っても過言ではありません。
こちらも、イエローゴールドと同様に、純金よりも硬度が高い合金です。

プラチナよりも白さが際立ち、まばゆいばかりの輝きを放ちます。
輝くリングは単体でも存在感があり、精錬で華やかな雰囲気を醸します。
その為、性別を問わず人気がありますが、ただ一つ注意点があります。

それは、「使っている内にロジウムによるコーティングがはがれて来ることがある」ということです。
コーティングがはがれることで下地が見えて来るので、メンテナンスが重要になって来ます。
柔らかい布や専用のクロスで優しく拭き取ることが大切です。
コーティングがはがれた場合を考えて、その後のメンテナンスを保証してくれるお店で購入することをおススメします。

素材選びは、メンテナンスの必要性も気にかけて。

以上が、リングの素材のそれぞれの特徴となります。
どの素材においても、メンテナンスは欠かせないものです。

「メンテナンスをしないといけないのは面倒くさいから、なるべくしないで済む素材にするか」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、

「稀少価値の高い安定性のあるプラチナが好きな人」
「ひまわりのように輝くイエローゴールドが好きな人」
「桜のように淡く可愛いピンクゴールドが好きな人」
「すずらんのように純白のプラチナが好きな人」

それぞれの良さがあり、似合う色の素材があるものです。
お気に入りのリングならば、その状態を気に掛けることも苦ではないはずです。

一生身に付けるリングだからこそ、本物の最高級の品質と確かな素材、メンテナンスの大切さも踏まえながら、お二人で探してみて下さい。

最後に、プラチナ、ゴールド各種とがありますが、これらの素材を組み合わせたコンビ色のリングもあります。
お店によって取り扱いが違いますので、お取り扱いがあるかどうかを事前に確認してから足を運ばれると良いかもしれません。

ダイヤモンドや誕生石などの色石を入れたり、刻印を彫り込むことで「オリジナリティ」を出す


ここまでで、『リングの形状』と『リングの素材』についてお話して来ましたが、「オリジナリティ」を出すには、それだけではありません。

婚約指輪のように、ダイヤモンドを一粒トップにしつらえたり、複数個をリングの形に合わせて流れるように散りばめたり。
リングの内側に、ご自身のお誕生石をお守りとして埋め込んだり、お互いのお誕生石を絆として埋め込んだり。

これらが、よく結婚指輪を作る際に取り入れられている人気の方法です。

様々な飾り方がありますが、これもまたお店によって出来ることやデザインが異なるため、事前にどのように飾れるかを調べることをおススメします。
天然石を肌身離さず身につけることになるので、一番のお守りにもなりますよ!

また、指輪の内側に刻印を入れるのも人気です。
お互いのイニシャルや記念日、大切にしている言葉など、刻む内容は人によって様々ではあります。
刻印を入れることで、「自分たちだけの指輪」という特別感が増すことは間違いありません。
ただ、刻める文字の種類や大きさなどは、指輪の幅や厚み、お店によって異なるので、こちらも確認が必要です。

結婚指輪は、幅や厚みも意識しよう!


結婚指輪は、幅や厚みで、見栄えもつけ心地もかなり変化します。

カジュアルにつけていられる1.5ミリ幅、ポップな感じの2ミリ幅、重厚感ある3.5ミリ幅と、種類は様々。

「スタイルを選ばず、サラッととデイリーにはめたい」
「華奢なラインが好き」
「ボリューミーなほうが良い」

……など、その他もろもろ、これもまた人それぞれ、好みや希望があるはずです。
お二人の幅や厚みを揃えられても、お二人それぞれの好みに合わせて作るのも、どちらも良い選択肢です。
是非、お互いにどんなものが良くて、どんなものが似合って見えるかなど、相談しながら決めてみて下さい。

そして度々「お店に足を運んで」とお伝えして参りましたが、この「幅や厚み」に関しても同様です。
見栄えだけでなく、毎日つける指輪になるので、つけ心地の良さはとても大切になります。
重すぎて指が疲れてしまう、サイズや形状的に大丈夫なもののはず……と思ったら擦れて痛いなど、想定していなかったことが起こり得るからです。

まとめ


「いちから安心して任せられる!」
「何か問題が起きたとしても、すぐに対応してくれる!」

そんなお店で購入出来たら安心出来ますよね。
人気のデザインのご結婚指輪のご紹介、それぞれのお好みを尊重してくれるスタッフ。
加えて、予算をオーバーしないように勧めてくれたら嬉しいですよね。

ネット上では、お店のホームページだけでなく、そのお店を利用した方が書いているレビューも公開されています。
レビューの内容については、信頼できるものかそうでないものかを判断する時が難しいこともありますが、出来るだけ複数のサイトを見て総合的に判断をすることがおすすめです。

「そもそも、どんな・何というお店があるのか、ブランドがあるのか」
「自分たちの付けたい指輪は、どういう指輪なのか」
「値段は?欲しいデザインを扱ってるとこって、どの店?そもそもあるのかな?オーダーメイドになるの?」

などなど、調べている内に、どんどん疑問もわいて「本当はどうなのか」と知りたいことや聞きたいことが増えて来ると思います。
それらをリストアップしたメモなりを持って、是非色々なお店を回って聞いてみて下さい!
お店を回っている内に、スタッフの方から様々なお話を伺って知識を積み重ねて、よりお二人に合った「欲しい指輪」が頭の中に形取られて来ます。
そうなった時が判断の時です!

自分たちで調べた情報を元に、足を運んで、見て、聞いて、触って、試着して、総合的に「これだ!」というお二人だけの指輪を手に入れて下さいね!

結婚指輪は二人に寄り添い一生を共に歩んでいく大切な宝物。
日常の中でつけていて幸せを感じるように、お好みのデザイン・つけやすい指輪を選ぶことが一番大事です。

今現在だけでなく、年月を経ても指に似合う素材とデザイン、全てベストな結婚指輪に巡り逢うために、ご紹介した内容がお二人にとっての結婚指輪選びの参考になれば嬉しく思います。
手元を「お二人らしく」飾ってくれるデザインの結婚指輪を手に入れられますように。

【徹底解説】結婚指輪の人気のデザインとは?売れ筋デザインをご紹介します!|婚約指輪・結婚指輪のSUEHIRO(スエヒロ)

同じカテゴリーの最新記事

結婚指輪にダイヤは必要?ダイヤあり・なしのメリット・デメリット

ダイヤモンドをあしらうか、あしらわないか。ダイヤモンドの有無については大きく分けると、シンプルか華やかさかどちらを好むかで分かれます。結婚指輪は一生着けるもの。ここでは、ダイヤモンドの有無によるメリットとデメリットをご紹介します。

細かく解説!結婚指輪は、はめたらずっとつけっぱなしでOK?NG?

結婚指輪(マリッジリング)の着け方は人によって違いますが、正しくメンテナンスをすることで、いつまでもきれいに輝く結婚指輪として使うことができます。ここでは、メンテナンスの方法や結婚指輪のつけはずしのタイミングについてご紹介しています。

【徹底解説】結婚指輪の人気のデザインとは?売れ筋デザインをご紹介します!

結婚指輪は、二人の絆として、永遠に寄り添ってゆく証として、一番大切な存在です。どのようなデザインがありどんなものが人気か、知識を付けながら、自分たちのお気に入りの指輪を探しましょう。

SUEHIROの特徴

ONLILNE SHOP

page top