ENGLISH 中文
【期間限定】ご来店予約限定5大特典/交通費キャッシュバック ご来店予約/03-3669-5555

結婚指輪の納期はどのくらいかかる?結婚指輪を買う時期を解説します!

結婚指輪の納期はどのくらいかかる?結婚指輪を買う時期を解説します!

結婚指輪の納期はどのくらいかかる?結婚指輪を買う時期を解説します!

トラブルを回避するために、一般的な結婚指輪の納期を把握しておきましょう。
結婚指輪を選ぶタイミングやなぜ早めに注文するべきなのか、結婚指輪の製作方式による納期の違いなども解説していきます。

結婚式の中でも最大のメモリアルシーンといえば、永遠の愛を誓っての結婚指輪の交換でしょう。
非常に印象深い場面であるがゆえに、もし結婚式当日に結婚指輪が間に合わなかったということになれば最悪です。
そんなトラブルを回避するために、一般的な結婚指輪の納期を把握しておきましょう。
結婚指輪を選ぶタイミングやなぜ早めに注文するべきなのか、結婚指輪の製作方式による納期の違いなども解説していきます。

結婚指輪の一般的な納期はどのくらい?


多くのジュエリーショップは「納期1か月」と提示されることが多いです。
「2週間から3カ月」各ジュエリーショップで期間にはかなりの幅があります。

中には「え、そんなにかかるの?」「店頭に商品があるからすぐに買えると思った」と驚かれる方もいらっしゃいますが、店頭にたくさん置いてある指輪は実はサンプル。運よくサイズが合えば持ち帰ることのできる指輪がある可能性もありますが、せっかくの結婚指輪ですから他人が試着したものではなく、新しいものを購入されたいと思います。
結婚指輪は店頭でサンプルを試着し、気に入ったデザインでお客様のサイズに合わせて一からお作りするという形式が一般的です。
すでに指輪を購入したカップルの半数は、結婚式の半年前から事前に結婚指輪探しを始めているともいわれます。本当に二人が気に入る結婚指輪を余裕もって見つけるには、想像よりも時間がかかるものです。
結婚指輪の納期はオーダー方法によっても大きく異なります。

既製品の場合

既製品とは、既成のデザインを選び、サイズ合わせと刻印のみ要望して作る方法です。
ほとんどのジュエリーショップはこの方式で、オーダー方法の中では一番納期が短縮できますが、それでも注文から出来上がりまでに「1か月」程度時間がかかることがほとんどです。
かなり納期の早い方のショップでも2週間から3週間は見ておいた方がよろしいでしょう。

セミオーダーメイドの場合

セミオーダーは、既成のデザインに好きな宝石を入れたり、表面の加工を変えたり、金属素材を変更したりといったアレンジを加えることができる方法です。
通常の既製品とは異なり、自分好みに調整することができますが、フルカスタムよりは納期が短く済むのが利点です。
とはいえ受け取りまでには2カ月程度時間がかかるのが普通です。
アレンジを加えるほどに納期が延びていくこともありますのでご注意を。
事前に結婚式の日取りをショップに伝えておくことも必要です。

フルオーダーメイドの場合

一生に一度の特別なジュエリー、結婚指輪。フルオーダーメイドは、世界に一つだけのペアリングを一からデザインして作り上げる方法です。
はじめにデザイナーにデザイン画を描いてもらい、デザインを決め、デザインをもとに途中まで仕上げ、確認後に仕上げるという流れになります。
途中での確認作業も必要ですし、最低でも3カ月は時間がかかりますので、注文から出来上がりまで半年は見て頂きたいと思います。
せっかくのフルオーダーですから、納得のいくまでデザイン・素材・石・加工・幅や厚み・着け心地までこだわって、できる限り時間を確保して臨むのがおすすめです。

結婚指輪はいつ買うべき?


結婚指輪はいつから用意したほうがよいのか?と疑問に思うことでしょう。
実際に購入した方々の半数以上が「結婚が決まってすぐに結婚指輪を検討し始めた」と回答しています。
プロポーズ後すぐにというタイミングが一番お二人の気持ちが高まっている時であると思いますし、まず何よりも結婚指輪が一番先という考えが多いように感じます。
婚姻届けを提出したその足でジュエリーショップにて購入というカップルもいらっしゃいます。

次に「結婚式に合わせて結婚指輪が必要だから」という理由で検討し始める方もいます。この場合は逆算して結婚式に間に合うように準備を始めなければなりません。

多くのご夫婦は「結婚式」を一つの目標として結婚指輪を用意しています。
その他にも、家族への顔合わせ・結納、新婚旅行、ウェディングフォト、SNSでの投稿など写真が必要な場面は

最近では結婚式を挙げないという選択肢もありますが、その場合はいつでも購入して頂いてよろしいと思います。フォトウェディングなど写真を撮るイベントがある際には用意していただくとおすすめです。
ぜひ指輪を着けた写真をたくさん思い出として撮っておきましょう。

では皆さんは結婚式のどれくらい前から指輪を用意し始めているのでしょうか。
ひとつの目安として「結婚式やイベントの半年前」と挙げられます。
結婚後から結婚式前はやることがたくさん。婚姻届け提出、新居への引っ越し、新婚旅行、結婚式となかなか忙しくて忘れてしまっていて結局時間が取れないということにならないためにも、納期にかかわらず結婚指輪の注文だけでもしておくと安心です。

またあまりにも準備が早すぎてもサイズが変わってしまっては台無しです。半年前程度でしたらノープロブレム、ちょうどよい期間だと思います。
デザインにこだわりたい方も半年前に準備で十分に間に合います。
また結婚式直前に指輪を新品のようにきれいにしておきたいという場合は、新品加工を行ってくれるショップか事前に確認しましょう。

結婚指輪購入までの流れとは?


結婚指輪を購入するチャンスはそうそうありませんから、手元に届くまでの期間がわからないという方も多いでしょう。
結婚指輪はまず情報収集から。早い方は7・8カ月前から検討を始めています。
手始めにインターネットやSNSで情報収集されるかもしれません。結婚情報誌やブライダルリングのカタログといったものもあります。
公式サイトやオンラインショップではリングの画像をみることができ、イメージもしやすいかと思いますが、沢山のジュエリーショップの中から自分の好きな結婚指輪を見つけ出すのは至難の業。
いいなと思うショップがあったら、実際に来店して希望に合うものを探してもらうというのもおすすめします。
デザインを決めなくとも、シンプル・フェミニン・クール・カジュアルなど、リングのジャンルを絞ってから聞くと希望に近づきやすいです。またつやありかつや消しかと、ダイヤモンドといった宝石の有無はデザインに大きくかかわってきますので、考えておきましょう。

来店する店舗は絞る

結婚指輪へのお二人の要望が決まってきたら、来店するジュエリーショップを決めていきましょう。多く見たい方は10店舗以上回られる方もまれにいますが、たいていは3店舗など絞った方がよろしいと思います。
あちこち見て回っているうちに何がいいのかわからなくなってきて結局購入が面倒になるということもありますので、最小限に。
お2人で揃って行ける日にできましたら来店予約をしておきましょう。
混雑時に対応してもらえないということもありますし、来店予約で特典がついてくる店舗もあります。ぜひ利用しましょう。

下見は気軽に

ジュエリーショップでは多くの場合、1組1組に店員がついて案内してもらうことになります。つきっきりで対応してもらうというのはなかなか経験がないため、少し緊張してしまうという方もいらっしゃるかもしれません。
下見歓迎のお店がほとんどですので、ぜひお気軽に気になった指輪を試着したり、疑問や要望、不安点を相談してみたりしましょう。お話の中で好みを少しずつ探っていくことになります。
試着できる場合は着け心地や鏡で見た時に自分に似合うかも確認するとよいと思います。
予想に反して、別のデザインの方がしっくりきたということもあります。
そこで運命の結婚指輪に出会ったなら、次は購入です。

購入

ピンときた結婚指輪が見つかり、いざ購入することになりましたら、まず指のサイズを測ることから始めます。店頭で測ることができますので、サイズを知らなくても大丈夫です。
ただし時間帯や体調によって指がむくんでサイズが定まらないという方もいますので、事前にリングゲージと呼ばれるサイズを測定する器機を利用し、時間時間で測ってご自身で決めるのも安心です。
飲酒後はサイズが変わりやすいので、避けておきましょう。
そして次に刻印を決めることになります。最低限サイズが分かれば指輪の作成は可能で、刻印を後から入れることもできますが、ここで決めてしまえばとても楽です。たいてい10文字から15文字程度のローマ字を入れられるのが通常です。結婚式や婚約した日の年月日や、お二人のお名前のイニシャルを入れるのが鉄板です。
購入はその場で現金、クレジットカード、一部を支払い後で清算する内金、ブライダル用のショッピングローンもあります。

結婚指輪は余裕をもって用意しよう!早めに購入するメリットとは


結婚指輪は余裕をもって購入することがおすすめですが、早めに購入するメリットには具体的に何があるでしょうか。

結婚式の準備などに心の余裕を持てる

お気に入りの結婚指輪に出会うまでには、インターネットや雑誌での情報収集や、来店して試着してというかなりの時間がかかってしまう可能性があります。
それに加えて結婚式の準備などが重なった時には大変です。
まず結婚指輪を決めてしまえば、あとは職人が制作してくれるのを待つだけですからとても気が楽になります。

前撮りの時に身に着けられる

結婚式はもちろんのこと、最近では結婚式の前撮りやウェディングフォトプランが充実しています。早めに結婚指輪を用意すれば、その後も様々なシーンで色々な装いと共に結婚指輪の写真を残すことができます。
また、前撮り撮影では結婚指輪をアップに下写真も撮ってもらえることもあります。結婚式ドレスなど全身を撮ることが多いと思いますが、前撮りであれば満足のいくマリッジリングフォトを撮影してもらえます。

結納や顔合わせ食事会でお披露目できる

結納・顔合わせは意外と忘れられがちですが、れっきとした公式のウェディングイベントです。今では食事会という形式が多いと思いますが、婚約指輪を婚約の記念品として、そして結婚指輪のお披露目もできます。
早めに購入しておけば、「結婚指輪も見たい」というご家族へのお披露目も可能です。

婚姻届と一緒に写真を撮れる

最近ではこれが一番重要とされる方も多いのではないでしょうか。
婚姻届と一緒に写真を撮れるのは、届け出るタイミングのみです。
ご友人への報告や、SNSでの報告にはこれが一番印象的で素敵な写真となると思います。
他とは一味違った今しかできないメモリアルなフォトをぜひ結婚指輪と共に楽しみましょう。

もし急に結婚指輪が必要になってしまったら…


結婚指輪の準備のためには余裕をもってとお伝えしましたが、「結婚式が急遽決まり、どうしても結婚指輪が必要!」「仕事や結婚準備でバタバタしてしまい、時間が取れなかった」という方もいらっしゃるでしょう。そんな場合でも大丈夫。短納期で仕上げてくれるジュエリーショップはあります!

「SUEHIRO」なら自社工房でリングをお作りしていますので、出来上がりまでの期間が早いのはもちろんのこと、品質が良く、価格が抑えられた結婚指輪を見つけることもできます。職人と直接やり取りできるため、納期の融通ができるのです。

既製品はもちろんのこと、一般的に2カ月納期のかかるセミオーダー商品も短納期でご用意できます。
豊富なデザインの中からお選びいただけますが、さらに特急で用意したい!という方には
「当日持ち帰り」 「最短1週間」
でご用意できるデザインもあり、業界内でも驚かれます。

まとめ


結婚指輪の購入から出来上がりは通常1か月から3カ月程度。
しかしデザインを決めるまでにはなかなか時間もかかりますから、早め早めの検討をおすすめします。
どうしても間に合わないけど結婚式などに間に合わせたい!という時は、納期1週間から受け付けてもらえるショップも紹介しました。
妥協は必要ありませんが、ぜひ希望通りのリングが必要な時に手元にありますように、タイミングや期間も気にしながら選んでいきましょう。

結婚指輪は一生ものと言われますし、実際ずっと手元に輝くものです。ぜひとっておきのお気に入りのリングとともに幸せな結婚生活をエンジョイしてくださいね。

結婚指輪の納期はどのくらいかかる?結婚指輪を買う時期を解説します!|婚約指輪・結婚指輪のSUEHIRO(スエヒロ)

同じカテゴリーの最新記事


SUEHIROの特徴

ONLILNE SHOP

page top