当店のプラチナの結婚指輪が安くて高品質な3つの理由


結婚指輪の相場は一般的に1本10万円~が相場と言われています。しかしながら、SUEHIROのプラチナの指輪は1本1万円代からご用意があります。安い価格だからといって決して質が低いわけではありません。そこで今回は結婚指輪の価格がどのように決まり、何故SUEHIROではお安く提供できるかの秘密についてご紹介していきます。

プラチナの結婚指輪の相場は1本10万円

一般的な結婚指輪の相場は1本10万円程度と言われております。ペアで20万円ほどが相場です。一般的なジュエリーショップの結婚指輪もプラチナのシンプルなデザインのもので8万円~というものが多いようですので、ペアで20万円というのが平均的な相場ということになります。

SUEHIROでは、プラチナの結婚指輪が1本1万円代から

SUEHIROでは、プラチナの結婚指輪が1万円代からご用意があります。もちろんお好みのデザインに合わせ1本3万円、5万円、10万円と幅広くご用意があります。シンプルな指輪だけでなく、ダイヤモンド付きのものや、コンビタイプなど様々なデザインをリーズナブルな価格帯で揃えております。


結婚指輪をもっと見る

結婚指輪の価格がお店によって違う理由

結婚指輪をお探しの方の中には、お店によって指輪の価格に大きな差があることが気になる方もいると思います。同じ素材を同じように使って同じデザインなのにどうして何万円も価格が異なるのか、その疑問についてご説明させて頂きます。

結婚指輪の価格はどうやって決まるのか?

まず、結婚指輪の価格がどのように決まるのかをご紹介していきます。大きく原材料、間接費、利益の構成となっています。その詳細についてこれからご紹介していきます。

1.原材料費

原材料費というのはどこのお店でも基本的には変わりません。金やプラチナにはグラムあたりの相場があり、常に価格が変動しております。原材料を仕入れるタイミングによって若干の差はあるにしても基本的に素材自体の価値はどのお店で購入しても変わりません。

原材料費の差がでるとすれば、プラチナや金の配合量が多いかどうかです。例えばプラチナの場合、PT999を最高値として、PT950やPT900というのが指輪の素材として使用されるのが一般的です。950なら95%、900なら90%がプラチナという意味です。この数字が多いほどプラチナの配合量が高いため、素材としての価値が高くなります。使用するプラチナが多ければ多いほど原材料費が上がるため、結婚指輪の価格が高くなるということです。

基本的にプラチナの指輪に使われる素材の配合量はお店によって大きく変わりません。PT900前後が一般的です。また、指輪の細さや厚さを調整することで指輪の原材料費を下げることができます。


こちらは当店のプラチナの指輪です。リング幅2mmと3mmのものです。デザインが違うというのもありますが、1mmの違いで価格に差がでるのがわかると思います。一般的には3mmが標準と言われることが多いですが、女性であれば2mm幅もお薦めです。リングが細いと指が細く長く見え、指元がキレイに見えます。

また、当社のリングでも価格に差があるのは、指輪の厚みによるものです。同じ幅でも価格が高いものは厚みがあります。このように原材料の価格が指輪の価格に大きな違いを与えることはお分かり頂けたと思いますが、基本的な素材の価値というのはどのお店でも共通となります。つまり、同じ条件の素材量であれば、どこで買おうとも素材の価値は同じということです。

2.間接費(人件費、店舗家賃、広告費)

次にお店によって差が出るポイントをご紹介していきます。間接費というのは、お店で働いているスタッフのお給料や、テナントの家賃、広告費などです。お店によって大きな差がでるところの1つです。一等地に店舗を構えている場合はその家賃が毎月数百万円とかかってきます。またテレビCMや雑誌に多く掲載されているお店は広告費に毎月何百万円とかかっています。こうした費用が指輪の価格に含まれてきます。つまり、家賃が高い一等地に店舗を構え、スタッフを多く雇っており、CMや雑誌によく掲載されているようなお店の指輪はどうしても高くなってしまうということです。

3.デザイン料・利益・ブランドロイヤリティ

また、どのお店も会社を運営していくために利益を必ず上乗せします。お店によって差が出ると思いますが、有名なブランドほど高くなるのは一般的です。それが、ブランドロイヤリティというものです。ブランドロイヤリティというのは、そのブランドが持つ価値です。一流ブランドはそのネーミングバリューがあるため、高くしても商品が買われます。そのブランドを持つこと自体への価値というのが指輪の価格に上乗せされているわけです。また、デザインなどが特殊であったり、オーダーメイドの場合はさらにそのデザイン料が価格に大きく上乗せされてきます。

結婚指輪の価格の差は、間接費や利益によるもの

ここまで御覧頂いた通り、結婚指輪の価格は、「原材料費」「間接費」「利益」によって構成されています。原材料費につては使用する素材の量によって変わりますが基本的にどのお店も条件は同じです。つまり、結婚指輪の価格の差というのは、間接費と利益によるものなのです。家賃や人件費、広告費を使えば使うほど指輪の価格は高くなります。また同様に利益をたくさん取ろうとすれば指輪の価格も高くなってしまうのです。

一方で指輪の持つ価値自体は購入価格に限らず決まってきます。指輪の資産価値についてお話をさせて頂きます。

結婚指輪の資産価値 = 素材

欧米では結婚指輪や婚約指輪は、資産として考えられることがあります。いざとなったら指輪を売って生活費に当てることができるからです。結婚指輪を資産として考えた場合、その価値のほとんどは素材の価値になってきます。ブランドやデザインによっては高く売却できる可能性は確かにあります。しかし、ブランドの衰退やデザインの流行の廃れなどによりそうした価値は下がってしまう可能性があります。そのため、基本的に変わらない価値というのは素材そのものの価値となります。つまり、同じプラチナ950の指輪を比べた時にグラム数が同じであれば、購入価格が安いほうが、お得だということです。

SUEHIROの結婚指輪が高品質で安い3つの理由

これまで御覧頂いように原材料費についてはどこのお店でも基本的に同じということがおわかり頂けたかと思います。それでは何故SUEHIROがプラチナの指輪を低価格で販売できるかをご紹介していきます。

1.自社ビルのため家賃がかからない

SUEHIROの店舗は日本橋にあり、自社ビルのため家賃がかかりません。そのため、通常高額となる家賃を製品価格に上乗せすることなくご提供できております。

2.広告費を制限

SUEHIROでは、テレビCMや雑誌広告などの広告費を制限しております。通常こうした広告は月に数百万円とかかるものですが、こうした広告費を削減することで製品価格への転嫁を防いでおります。当店では数多くのお客様からのご紹介や自社内でのWEB運営によりローコストで多くのお客様に知って頂けるよう努力をしております。

3.利益をお客様に還元

SUEHIROでは、多くのお客様に高品質な商品を低価格でご提供できるよう、利益を抑え、その分製品価格をお安くご提供しておりまます。

まとめ

以上御覧頂いたようにSUEHIROでは企業努力によって高品質な結婚指輪をお求めやすい価格で販売しております。商品そのものの価値に拘りたい方に広くご愛用頂いております。皆様のご来店をお待ちております。

SUEHIROの結婚指輪をもっと見る

page top