婚約指輪 平均

婚約指輪 平均
「みんなが買ってる婚約指輪の値段は平均いくらぐらい?」
「ダイヤの平均的なサイズはどれぐらいが平均?」
「結婚式のどれぐらい前の時期に買うものなの?」

…いざ、婚約指輪を買うかどうかという段階になると、いろいろな面で「平均はどれぐらいなの?」という疑問がわいてくるものです。
人生ではじめての婚約指輪選びですから、わからないことばかりなのは当然のこと、誰しもが通る道です。

東京で一番親身な提案を受けられると評判のジュエリーショップ・SUEHIROが運営するこのサイトでは、婚約指輪・結婚指輪のリアルな情報を発信しています。
そんなSUEHIROの記事の中から今回は、婚約指輪のさまざまな「平均」について、「このページを読めば一目瞭然、スッキリ解決!」となるような記事を紹介していきます。
ここでご紹介する記事に目を通していけば、大切なパートナーを確実に喜ばせられるような、”間違いのない”指輪選びができるはずです。

予算の平均について
~「婚約指輪の相場は給料の3か月分」って本当?~

予算の平均について
『ブライダル総研 結婚トレンド調査2018』によると、婚約指輪の購入にかける平均的な予算は、「41万9000円」と言われています。
婚約指輪の値段について調べていると、「婚約指輪の相場は給料の3か月分」という言葉を目にしたかもしれませんが、これは1970年代にある宝石販売会社が生み出したキャッチコピーにすぎず、2019年現在はもっと手頃な価格で手に入ります。
以下の記事をチェックして、婚約指輪の相場感覚をつかんでおきましょう。
婚約指輪 平均 予算


指輪のサイズの平均は8号から12号
~一番間違いないサイズの選び方は…~

日本人女性の標準的な指のサイズは8~12号と言われています。
ただ、彼女に「指のサイズは何号?」と聞いても即答してもらえるとは限らないですし、もし仮に答えてくれたとしてもそれが正確なサイズだという保証はありません。

実際、ジュエリーSUEHIROの店舗で指輪をご購入されたお客様はサイズも含めて満足される方が多い一方で、インターネットのECサイトでご購入されたお客様だと、「指輪をはめてみたけど、サイズが思ってたより大きくてぶかぶか」とか「思ってたより小さくて窮屈」と、交換をご希望されるお客様が多くいらっしゃいます。

婚約指輪選びで彼女に手際の悪い印象をもたれてしまえば、結婚生活の先が思いやられてしまいます。
サイズ選びをスムーズにこなすことで、彼女から「やっぱり頼もしい!」という印象をプラスしてもらいたいものです。

そこで、以下の記事を読んで、絶対に知っておきたい「手堅いサイズの選び方」を学びましょう。

婚約指輪 平均 サイズ


ダイヤのサイズの平均は0.2カラットから0.4カラット
~ダイヤ選びはサイズと「4C」のバランスが重要~

ダイヤのサイズの平均は0.2カラットから0.4カラット
婚約指輪に付属するダイヤの平均的なサイズは0.2カラット~0.4カラットです。

ブライダル総研の「結婚トレンド調査2017(首都圏)」によれば、もっとも多いのは0.2カラット~0.3カラットのサイズを購入する人達で、このボリュームゾーンの人達が全体の38.8%を占めています。
つまり、三人に一人以上の人達が0.2カラット~0.3カラットのサイズの指輪を購入しているということです。

なので、サイズと予算のバランスに困ったら、とりあえずは0.3カラット以上のダイヤを買っておけば間違いがないでしょう。

また、ダイヤに関して言えば、大きさと同じかそれ以上に、「4C」という指標で表される「ダイヤモンドの質、グレード」が大事です。

この「4C」基準で評価されたダイヤの質は、購入時に指輪とともに渡される「鑑定書(グレーディングレポート)」とよばれる証明書で見ることができますので、より質の良いダイヤを選ぶことが彼女の喜びにつながります。

ところで、ジュエリーSUEHIROでは、ハイグレードのダイヤを、他の宝石ショップよりも抑えめの価格でご提供しています。
0.3カラットダイヤの指輪も、SUEHIROなら10万円代から用意がございます。
最小限の予算で彼女を喜ばせたいなら、ぜひともSUEHIROの品揃えをチェックしてください。

一生に一度のプロポーズ。

お洒落なレストランか、はたまた煌めく夜景のムーディーなスポットでのプロポーズか。
どんな場所でプロポーズするとしても、肝心の婚約指輪がぱっとしなければ、せっかくのロマンチックないムードも台無しです。
彼女の笑顔も曇ってしまうかもしれません。

大切なプロポーズを確実に成功させるためにも、以下の記事から「4C」の最低限の知識をササッと学んでおきましょう。
すべては最高のプロポーズと、幸せな新婚生活のためです。

婚約指輪 平均 カラット

婚約指輪 平均 価格


購入時期の平均について
~結婚式の3か月前では遅すぎる!?~

婚約指輪 購入時期 平均
婚約指輪は結婚の半年~1年前から身につけるのが一般的です。
また、婚約指輪の製作は一般的に3週間が平均とされています。

「しまった、婚約指輪をいつ買うかなんて全然考えてなかった!もうすでに、結婚式まで半年しかないのに…!」というあなた。
ジュエリーSUEHIROでは、最短3日で婚約指輪の製作を承っております。
婚約指輪を買う時期が遅くなってしまったとしても、あなたとパートナーの大切なタイミングに、きっと間に合わせてみせます。

婚約指輪についている”宝石の平均”
~婚約指輪といえばやっぱりダイヤ?
ルビーやサファイアを選ぶのはアリ?~

婚約指輪についている「宝石の平均」
婚約指輪を購入する人のおよそ9割が、ダイヤモンド付きの指輪を選ぶと言われています。

「ということは、婚約指輪もダイヤを選ぶのが無難なの?」と考えてしまうかもしれません。
ですが実際は、ダイヤモンド以外の宝石、ルビーやサファイアも、婚約指輪として大変喜ばれます。

たとえばサファイアは、イギリス王室のウィリアム王子からキャサリン妃への婚約指輪として、故ダイアナ妃からの形見のサファイアを贈ったことで、近年大変人気が高まっています。
(キャサリン妃に贈られたサファイアの指輪については、こちらの記事でも詳しく触れています。)

婚約指輪に選ぶのがダイヤがいいか、それともルビーかサファイアか、というのは彼女の感性にも左右されます。
なので、最終的にはご自身で決めるよりも、彼女と一緒に選ぶのも一手かと思います。
ひとまず、「ダイヤ以外の選択肢もある」ということを頭に入れていただけると幸いです。

ジュエリーSUEHIROでは、お客様のご事情に適した範囲のグレードの中から、お客様の感性に一番当てはまる婚約指輪をご提案させていただきます。
ぜひ一度、ご来店ください。



ジュエリー SUEHIRO ご来店予約フォームジュエリー SUEHIRO 公式オンラインショップ

婚約指輪のページへ戻る

page top