ENGLISH 中文
【期間限定】ご来店予約限定5大特典/交通費キャッシュバック ご来店予約/03-3669-5555

結婚指輪は買い替えてもいいの?買い替えの理由やタイミングとは?

結婚指輪は買い替えてもいいの?買い替えの理由やタイミングとは?

結婚指輪は買い替えてもいいの?買い替えの理由やタイミングとは?

「結婚指輪の買い替えてよいのか」、「結婚指輪を買い替えた時のメリット・デメリット・気をつけるポイント」などを紹介していきます。
お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

長年身に着けてきた結婚指輪。
年齢をかさねた時に、サイズが合わなくなったり、傷や変形ができたり、ご自身のデザインの好みが変わったり、様々な理由で新しいリングにしたいと思うこともあります。
そんな時は既存の指輪をメンテナンスに出す他に、新しい結婚指輪に買い替えるという選択肢もあります。
一生ものとも言われる結婚指輪を気分で買い替えてもいいのか……そう不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは「結婚指輪の買い替えはしてもよいのか?」、「結婚指輪を買い替えた時のメリット・デメリット・気をつけるポイント」などを紹介していきます。
お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

結婚指輪は買い替えても大丈夫?


結婚指輪を買い替えるのはなんとなくいけないことのような気がする、また縁起が悪い?といったイメージを抱くかもしれませんが、そのような風習やルールは存在しません。
指輪自体の経年劣化や、着用者様の心身の変化は、当然起こりえることです。
買い替えを選択することは、何ら問題のあることではございません。

結婚指輪はどんなときに買い替える?


結婚指輪は毎日使用することの多いもの。
傷や変形といった経年劣化は必ず起こりますし、自分の今のファッションに合わなくなってきた、指のサイズが変わったことでシンプルなデザインだと物足りなくなってしまった、体質が変化して金属アレルギーになってしまった、人によっては紛失してそのままという方も実はいらっしゃいます。
1番多いのは「結婚指輪がゆるい・きつい」と感じた時は買い替えを考えてもよい時期です。
またそのような理由がなくても、結婚10周年20周年銀婚式といった記念日に合わせて、気持ちも新たに新調したいというケースもございます。

結婚指輪は夫婦の証としてではなく、装飾品としてファッションの一部にもなるものです。
服や髪型のように「結婚指輪の買い替えはチャンスがあったらしたい」と最近はそういった感覚で買い替えの検討をされている方もいるようです。

結婚指輪を買い替えるメリットとデメリットは?


結婚指輪を買い替える時のメリット・デメリットは何があるでしょうか?
ぜひ不安点を解消して、素敵なセカンドマリッジリング選びを楽しみましょう!

メリット

今の好みのデザインが身につけられる

もともとの結婚指輪が可愛らしいデザイン、華奢で細身なデザイン、年齢と共に好みや似あうデザインが違ってきたというパターンです。
デイリーに使いやすい落ち着いたシンプルな指輪に変えることもあれば、逆にデザイン性のある華やかな指輪などに変更される場合もあります。
細身のリングでは物足りない気がするという場合は、指輪のボリューム感も足したものをお買い求めいただくのもよいと思います。
服や髪型のように、結婚指輪もいつも身に着けるジュエリーとして考えると楽しみが広がります。

新婚時には買えなかった価格・デザインが選べる

結婚当初は年若く、ゆとりがなかったので本当に好きな結婚指輪が選べなかったという夫婦もいらっしゃることでしょう。
貯金や経済的な余裕ができてから買い替えを考えるカップルも実は少なくないのです。
凝ったデザインや、ダイヤモンドやカラーストーンの宝石が付いた結婚指輪も、憧れのリングに変えるチャンスと考えるのもよろしいかと思います。
あの時選べなかったデザイン、ランクアップした結婚指輪で、お2人の絆を更に深めるのも素敵でしょう。

結婚○○周年を新たな気持ちで迎えられる

結婚記念日に結婚指輪を新調されるご夫婦もいらっしゃいます。
結婚10周年や20周年の記念に贈り物として新しい結婚指輪を選び、当時の初々しさを思い出しながら、お互いの絆を再確認するのも素晴らしいイベントだと思います。
奥様はダイヤモンドを入れて華やかにといったアレンジも人気です。

デメリット

今つけているものが使い道がなくなる

もとの結婚指輪の使い道ですが、残念ながらジュエリーとして使う以外にはございません。
細身のリングであった場合には、他の指輪と重ね着けしても綺麗ですし、指輪にチェーンを通してネックレスにするという方法もあります。
基本は思い出としてとっておくことになることが多いと思いますが、本当に持て余してしてしまうという場合にはただ処分するのではなく、地金として地金相場が高いタイミングを見計らって売却するのも手です。

費用がかさむ

もちろん新しいリングを購入するわけなので、その分の購入費用はかかります。
結婚指輪は様々な価格帯がありますが、全国平均購入金額は27万円のように、まとまった金額は支払うことになります。
たくさんのブランドの中からおすすめなのが、自社工房を持っていて卸価格で結婚指輪を作ることのできるジュエリーショップです。
新しい指輪にしたとしても、費用を抑えて質の良い指輪を購入できる可能性が高いです。

結婚指輪を買い替えるときに気をつけることとは?


買い替える時に特に注意したいのが、サイズと納期です。
サイズは前の結婚指輪のサイズをそのまま踏襲するのではなく、新たにもう一度測りなおしておきましょう。
女性は出産による体型の変化で指のサイズも変わりやすく、男性も指の節が目立ってきたということもありますので、今の自分の指にぴったりのサイズで作り直すことをおすすめします。

今後またサイズ直しをするかもしれないと感じたら、金属はプラチナかゴールドで指輪を作ることを推奨します。
チタンやパラジウムといった硬い金属は費用を抑えることができるため、近年人気の高い素材ではあります。
しかし加工がしにくいのでサイズ直しができないこともあります。
またプラチナやゴールドでも全周にデザインが施されたリングや、フルエタニティというリング1周にダイヤモンドを敷き詰めたデザインもサイズ直しが非常に難しいので注意してください。

結婚記念日などのタイミングを見計らってということでしたら、出来上がりまでの納期は大切です。
たいていは1か月程度余裕があれば出来上がりますが、中には数カ月かかるという指輪もあります。
着用予定に間に合わなかったということのないように事前確認と早めの検討を始めましょう。
前述で紹介した自社工房のあるジュエリーショップであれば納期の短縮や調整もきく可能性が高いです。
ぜひ相談してみることをおすすめします。

結婚指輪の買い替えでおすすめのデザインとは?


結婚指輪は装身具であるので、デザインの他にも着け心地や着けた時の印象で今後毎日着けていたくなるかがかなり変わってきます。

どちらかに任せきりでいざ着けてみたら、似合わない・着用感が好きではなかった……ということのないように、ぜひお2人一緒に足を運んでみましょう。
次に買い替えでおすすめのデザインをご紹介します。

シンプル

シンプルなデザインの良い点は、万人に合い、またどんなシーン、服装にも合わせやすいということです。
またいつの時代にも変わらず素敵な不変のデザインともいえます。
特に初めての結婚指輪で華やかな雰囲気のものを選ばれた方は、次はシンプルに落ち着けてみるのもよろしいかと思います。
シンプルなプラチナ素材の結婚指輪でしたら冠婚葬祭といったフォーマルな場でも使いやすいです。
シンプルな形でもゴールドは華やかな印象になり、肌映りもよくみえます。
年を重ねるからこそゴールドが似合うというケースも多いでしょう。

ボリュームのあるデザイン

結婚指輪を買い替える理由として意外と多いのが、「もう少しボリュームのあるデザインにしてもよかった」というケースです。
細身で華奢なリングはトレンドだからと取り入れる方もいますが、歳を重ねた時に華やかさが足りなくなってきたと感じてしまうかもしれません。
これは男性にも女性にも起こることで、次第に今の自分には似合わないからと着けなくなる原因にもなります。
また初めにお求めやすい結婚指輪を購入した場合、幅や厚みが心もとなくなってしまったというケースもあります。
安心してご使用していただくためにも、ちょっといい指輪を選んでいただくのをおすすめします。

コンビネーション

コンビネーションは2色の素材が合わさった、バイカラー・ツートンカラーとも表現されるデザインです。
多くの場合はプラチナとゴールドのコンビネーションでしょう。
プラチナの落ち着いたフォーマルな印象と、ゴールドの肌を明るく魅せてくれる華やかな印象が一つになったリングで、近年結婚指輪の人気なデザインのひとつにもなっています。
女性の場合はイヤリング・ピアス、ネックレス、ブレスレット、男性の場合は時計など、他の装飾品と色を合わせたい時に、いつも着ける指輪が2色使いですと統一感をもって、アレンジの幅が広がります。
またプラチナだけでは肌の色に合わない、白々と浮いて見えてしまうという場合にも、ゴールドの差し色が効果的に肌に映えるように見せてくれるでしょう。

ハワイアン

シンプルな結婚指輪だったから、次はデザイン性のあるリングにしたい!というカップルも大変多くいらっしゃいます。
全周にわたって装飾のついたリングの代表として、ハワイアンリングが挙げられます。芸能人がハワイアンリングを結婚指輪にされることが多かったように、とても華やかな印象になります。
お守りのようなモチーフ使いも素敵で、人気な「波」のデザインは「何度も幸せが打ち寄せてくる」という意味があり、とてもブライダルリングらしいジュエリーになることでしょう。

重ね付け

色々な指輪と重ね着けを楽しみたい!という方には、ハーフエタニティリングがオススメです。
ダイヤモンドがリングの半周並んだデザインで、ゴージャスな雰囲気がある一方で、直線的な形状のため、シンプルに他の指輪とも合わせやすいデザインです。
婚約指輪や他のジュエリーなど、重ね着けしたいリングが決まっている場合はその形に合わせたものをチョイスするとよいでしょう。
実際に一緒に着けるリングを店頭に持っていくと比較がしやすいですよ。
前の結婚指輪との重ね着けをすれば、新たな気分でより愛着をもって二つの結婚指輪を使っていけます。
細めのリング同士なら、幅を調整して、普段は1本使い、フォーマルな場やお出かけには重ね着けとメリハリをつけることができます。

シンプル・フェミニン・アンティーク・和風など、各ブランドによってもデザインが異なりますので、系統を統一するのも素敵です。

たくさんのデザインの中から選ぶのがいい


「今の自分には何が似合うのか」デザインがいいと思っても、自分が着けてみるとちょっと違う、ボリューム感が足りない、着け心地が合わないといったこともあります。
やはり実際に目で見て確認することが大切です。
できる限りバラエティに富んだデザインのサンプルがあれば、必ず今の自分に合う最高の結婚指輪に出会うことができるはずです。

SUEHIROでは常時たくさんのサンプルからご試着もいただけます。
自社工房と直接連携し、金属のお色味を変えたり、お石を入れたり、表面の加工をしたりといった、好みに合わせたカスタマイズも可能です。

まとめ


結婚指輪の買い替えは自由です。
買い替えを通して、お互いの気持ちを再確認したり、いつもとは違った一面を見つけたり、フレッシュな気持ちを思い出すきっかけにもなります。
結婚記念日と共に新調することは、きっと思い出深いイベントになることでしょう。

結婚指輪はお2人のものですから、予算やタイミングなどはご夫婦でじっくり相談して、結婚指輪選びを始めましょう。
ただしサイズが合わない、アレルギーといった場合は、一刻も早く新しくすることをおすすめします。

結婚指輪の買い替えは新たな夫婦の絆の1ページ。この機会に、ぜひ楽しんで検討してみましょう。

結婚指輪は買い替えてもいいの?買い替えの理由やタイミングとは?|婚約指輪・結婚指輪のSUEHIRO(スエヒロ)

同じカテゴリーの最新記事


SUEHIROの特徴

ONLILNE SHOP

page top