ENGLISH 中文
【期間限定】ご来店予約限定5大特典/交通費キャッシュバック ご来店予約/03-3669-5555

婚約指輪の選び方は?購入までの流れを徹底解説

婚約指輪の選び方は?購入までの流れを徹底解説

婚約指輪の選び方は?購入までの流れを徹底解説

おふたりのこれからの人生の幕開けとなる大切な瞬間を飾ってくれる、一生の思い出になる、かけがえのない指輪。
おふたりにとって最高のリング――石のあるデザインのリングならば最高のダイヤモンドや誕生石など、おふたりの気持ちを込めた石を選んで贈りましょう。

婚約指輪は、プロポーズの時、愛の証として贈る指輪のことです。
おふたりのこれからの人生の幕開けとなる大切な瞬間を飾ってくれる、一生の思い出になる、かけがえのない指輪。
おふたりにとって最高のリング――石のあるデザインのリングならば最高のダイヤモンドや誕生石など、おふたりの気持ちを込めた石を選んで贈りましょう。

これから、おふたりだけの婚約指輪を見つけるための選び方をご紹介します。
婚約指輪選びは、ブランドに関わらず、「価格や素材」、「デザイン」、「どんなタイプが自分の指に似合うのか」など、迷うことが沢山出て来ますが、それを悩み・選ぶ時間も大切な思い出のひとつになります。
指輪の仕様について考えるのはもちろんですが、生活のスタイルやお金のかけ方など、どこを大事にしたいか優先順位を決めてから探し始めましょう!

婚約指輪を買いに行く前にインターネットなどで「信用できる店舗」、「人気のデザイン」、そして「ダイヤモンドや石」の情報を集めておくことが大切です。
色々なサイトで解説されているので、情報を比較している内に、おふたりが何を見ているか・何を大切にしているかも少しずつ見えて来ますよ!
ぜひとも、おふたりの歩みの一歩に、このページの情報も参考のひとつとしてお使いいただければと思います。

婚約指輪ってそもそもどんなもの?基礎知識をチェック!


婚約指輪は、プロポーズする時に愛の告白の証として贈る指輪のことです。
リングの中心にはダイヤモンドが輝く、映画の一コマに見られるようなリングです。
おふたりの人生の幕開けとなる大切なアイテムとなります。
婚約指輪をおつけになるシーンは婚約中に限らず、一生歩んでゆく中でいくらでもあります。

女性の中には、華やかな場所はもちろん結婚式のお呼ばれや同窓会、お友達とのちょっとお出かけにも身につける方もいらっしゃいます。
ご結婚されてからは、結婚指輪と重ね付けするケースも増えているんですよ。

婚約指輪と結婚指輪って、何が違うのかな?

どちらもご結婚に必要なアイテムとして用意すべき指輪です。

婚約指輪は、プロポーズの時に「婚約の証」として贈る指輪。
ダイヤモンドやお誕生石のセッティングされた指輪が主流で、大切な人の指に似合うデザインとサイズを選びます。

結婚指輪は、日常的におふたりで既婚者であるという証として着ける指輪のことです。
それぞれのお好みも踏まえて、おふたりに似合うデザイン・希望の素材のペアのリングを探します。

婚約指輪

婚約指輪はプロポーズの時に贈る指輪のことです。
華やかなデザインかシンプルなデザインとどちらもありますが、大切な人の指に似合うデザインで、センターにはダイヤモンドや色石などの宝石がついているものが主流のリングです。
昔のように、「立て爪でダイヤモンドを留めているデザイン」は普段なかなかに付けにくいので、しまっておくことが多かったのですが、最近は結婚してから使うシーンが多く、お仕事場にも、お友達とのランチにもお気軽なお出かけにでもできるような普段使い可能なデザインが多くなっています。

結婚指輪

結婚指輪はおふたりで選ぶ「既婚者である」という証のペアリングです。

一般的に結婚式の際に行なわれる「指輪の交換」時に必要です。
また、式をしなくても、婚姻届けの時に合わせて付け始めるカップルも多いです。
結婚指輪はペアのデザインも多く、デザインだけでなく着け心地を重視するカップルも増えています。
最近は、同じデザインで片方はピンクゴールド、もう片方はプラチナといったように、素材を変えたり違ったデザインを付けるカップルも多く見られます。
指のかたち、サイズ感がもちろんそれぞれ違うので、好みを尊重し合い、お互いに指に似合う指輪を選べばよいと思います。

婚約指輪を贈る意味とは?

映画の一コマのように愛の告白に婚約指輪を贈るシーン。
皆さまがイメージされるプロポーズに必要なアイテムです。

なぜ、婚約指輪を贈るのでしょうか。
古代ヨーロッパでは、左手の薬指が心臓の太い血管と繋がっていると考えられていました。
その指に永遠不変の輝きを持つダイヤモンドを贈るということは、愛する人の心をつなぎとめるという意味合いがありました。
受け取った方は、その指輪を受け取ったということで結婚の意思があるという証を示すことにもなります。
「なくてもいいと言われていたけれど、内緒で買って渡したらとても喜んでくれた」だとか「ふたりの人生の節目となり最高の想い出になった」といったお声は、当店のお客様からも多く伺うお言葉です。

婚約指輪の種類ってどんなものがある?


たくさんある婚約指輪もデザインの種類を大きく分けることが出来ます。
指の感じ、お好みのファッションスタイルから、お似合いになるデザインやリングのシルエットを選んでいきます。
人気のデザインを何種類かに種類分けしてみました。
大切な人に似合うデザインの種類はどれでしょう。

デザインの種類

シンプルにセンターにダイヤモンドが一石というタイプが主流ですが、フォーマルなシーンにばかりではなく、もっとカジュアルに使いたいという方が増えてきました。
ダイヤモンドの高さを気にせずにつけられる、埋め込みタイプなども人気のデザインの一つです。
リングの部分にもメレダイヤを流れるように入れた華やかなものも素敵です。
指のかたちによっても似合うものがそれぞれですし、使いたいシーンにもよってもふさわしいデザインがありますので、どんなリングがお好みに合うか見ていきましょう。

ソリティア(シンプル)

一番ポピュラーなデザインがこちら。
おふたりの愛の証となるお石の輝きが最も映えるよう、アーム部分のデザインはあえてシンプルにするというタイプです。
こちらは、エイジレス且つシンプルであるため、不動の人気デザインです。

埋め込み

特にダイヤモンドの付いているエンゲージリングについて、以前は普段はなかなか付けづらいという方が多かったのですが、最近ではちょっとのお出かけやお仕事場にも付けていかれる方も大勢いらっしゃいます。
その場合、あまりお石が飛び出していると、引っかかったりぶつけたりといった心配があります。
こういった懸念があるようでしたら、お石の埋め込み・伏せ込みといった留め方のエンゲージリングがおすすめです。
表面がフラットなのでお石をぶつけるという心配はありません。

メレ

センターにはメインとなるダイヤモンドが入り、その周りを小粒なダイヤモンドで取り巻いたり、リングの腕の部分に流れるように小粒なメレダイヤモンドを埋め込んだりする、ゴージャスで華やかな装いのリングです。
ご結婚式のお呼ばれや同窓会など、華やかな場所に付けていくにはぴったりの、可愛らしくて大人っぽいちょっと大きく見えるエンゲージリングです。

パヴェ

リングのアームの部分にメレダイヤモンドを敷き詰めた、ダイヤモンドの光があふれる豪華なデザインの指輪です。
ボリューミーに隙なくダイヤモンドを埋め込まれたデザインは、職人の精巧な技術と技から作られます。
このデザインはハイクラスでゴージャスな指先を演出してくれます。

エタニティ

永久にという意味合いを持つ、指先に輝き続けるダイヤモンドの光のライン。
日常に華やかを加えてくれるデザインです。
「永遠の愛」を意味するエタニティは婚約指輪として、そしてファッションリングとしても憧れる方も多いです。
特にハーフエタニティリングは内側のダイヤモンドを気にすることなく普段から気軽に付けられるので、とても人気が高いデザインです。
デイリーに使うのにカジュアルさと華やかさを兼ね備えています。

素材の種類

結婚指輪の素材ってどんなものがよいのでしょう。
フォーマルなプラチナを付けているカップルが多いようですが、最近ではお互いの好みを尊重して、それぞれ似合う色を選びます。
やはり結婚指輪はプラチナという意見と、可愛らしさだとかカジュアルさなどから、ピンクゴールドを選ぶカップルも増えています。

プラチナ

周りのカップルをあらためて見まわしてみると、プラチナが多いように見えると思います。
金属のなかでプラチナは一番希少価値が高く、その純白さはおふたりの出発にふさわしいピュアな色合いということでご年代を問わず、プラチナをお選びになる方が多いです。
ゴールドに比べてフォーマルな感じはありますが、シンプルなプラチナは何にでも合わせやすくあります。
高齢になってからも飽きが来ず、安心してお使いになれますよ。

イエローゴールド

溶けこむようなゴールドの柔らかい色と光。
シャンパンカラーのゴールドの地にダイヤモンドを乗せると、色のコントラストがとてもよく、ダイヤモンドがより引き立って見えます。
少しアンティークな感じも素敵で、人気の素材です。
お気に入りの時計や普段からゴールドのジュエリーを身に着けている方にはとても人気のある指輪です。

ピンクゴールド

特に最近はピンクゴールドも人気のカラーです。
肌なじみがよく、柔らかく優しいピンクの色合いのピンクゴールドは、ダイヤモンドを乗せると、とても引き立ってみえます。
ローズゴールドと呼ばれ可愛らしさと少しレトロな感じがナチュラルに付けられます。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは日本ではアクセサリーにはよく使われますが、ダイヤモンドを留めてエンゲージリングとしては少ないようです。
白い金属といえば日本ではプラチナですが、欧米ではホワイトゴールドも人気で白い金属と言えばプラチナではなくホワイト・ゴールドを指すぐらい一般的なところもあります。

コンビネーション

アームの部分と、ダイヤモンドを留めるトップの部分の素材を変えて作ることです。
例えば指の周りは肌なじみよくゴールドで、ダイヤモンドを留める台座と爪の部分はプラチナで作るといった、少し遊び心を加えたカジュアルなエンゲージリングです。

リングの形の種類

リングのアームの部分のシルエットです。
シンプルさを求めてストレートにするか、指にはめやすく少しのカーブをつけるか、きれいに見えるV字も人気があります
つける方の指のかたちにも指の長さにもそれぞれ個性がありますので、一番似合うデザインを選びましょう。

ストレート

極限までのシンプルを実現したエンゲージリングです。
ダイヤモンドをしっかりと爪で支えながら、一番ポピュラーなデザインで、ダイヤモンドの輝きを重視できるストレートなシルエットです。
結婚指輪ともしっかりとフィットするところが良いところです。

V字

シンプルながら滑らかな曲線がV字を描き、付け心地良いフィット感のある婚約指輪。
V字のトップにメインのダイヤモンドを留めます。
アームの部分のV字のシルエットは指が細く長く見えるといった効果もあります。

ウェーブ

スタイリッシュなウェーブで柔らかいひねりの上にダイヤモンドが輝きます。
可憐で優雅なひねり。細めで使いやすく、ウェーブは指にフィットし、つけ心地は常にナチュラルな優しさです。

婚約指輪の価格や相場はどんな具合?


婚約指輪はいくらくらいが相場なのか、最近のご婚約指輪のお値段の相場をご存知でしょうか?
昔から「お給料の三か月分」といわれていますが、それは今の時代もそうなのでしょうか。
皆様の「ふつうはいくら?平均はいくら?」という疑問や不安にお答えいたします。

ブランドにもよりますし、オリジナルや定番のシンプルなものにもよりますが、有名ブランドですと10万円以上はするでしょう。
でも、憧れていたお好みやお気に入りのデザイン、が一番大切。
最近は値段ではなく、

「プロポーズをしてくれること」

に重きをおいていらっしゃる方が多いようです。

婚約指輪には宝石が必要?どんな宝石をつける?

ダイヤモンド

永遠の愛を誓うという意味合いから、永久不滅で地球上で一番硬いダイヤモンドを贈るという意味があります。
宝石の中では一番価値も高く、エンゲージリングとしてダイヤモンド、と憧れを持つ方もいらっしゃいます。
おふたりにとっての最高のダイヤモンドを選びましょう。

ダイヤモンドの価値は、4Cと呼ばれる以下の4つの項目で決められています。
ダイヤモンドの品質と価値、価格を決定する4Cという基準です。
そのダイヤモンドの品質を評価する基準として、1950年代にアメリカのGIA(アメリカ宝石学会)が開発した“4C”という品質評価基準が国際的に使用されています。
4Cとはダイヤモンドの品質を表現するための基準であるCarat(カラット=重さ)・Cut(カット=輝き)・Color(カラー=色)・Clarity(クラリティ=透明度)の4つの要素を表してあります。
これらの各頭文字のCを組みわせて“4C”といいます。
ダイヤモンドを実際に店舗に見に行くときは、GIA(アメリカ宝石学会)より認定された鑑定士のいるお店が安心できるでしょう。

誕生石

「誕生石は幸運を招く」

ヨーロッパ圏などではそういった理由からダイヤモンド以外の宝石を選ばれる方もいらっしゃいます。
お石としての輝きやその硬度から、ルビー、サファイア、エメラルドといったお石が人気です。
指輪の裏側にこれらのお石をセッティングされる方も増えています。

婚約指輪に刻印を入れて特別な指輪にしよう!


婚約指輪のリング部分の内側に記念の日にちやイニシャルなどを刻印してもらいましょう。
プロポーズの西暦、あるいは日にち、そして、贈る側の名前のイニシャルから大切な人の名前のイニシャルを彫ってもらっておくと、スペシャルな記念になることでしょう。

婚約指輪の贈り方


エンゲージリングを探しにいろいろなお店に買いにいく場合、一人で行くか一緒に行くのかも悩むところですね。
気に入って予算にあったダイヤモンドの指輪に出逢った場合の注文方法や購入方法なども説明します。

サプライズプレゼント?一緒に買いに行く?

映画の一コマのようにサプライズで贈りたい。
その場合、内緒で指輪を用意しなければなりません。
大切な人に指輪やお石の値段を知られることなく購入できるところもメリットです。
素敵なシーンを設定して、大切な人を驚かせる楽しみがあります。

サプライズプレゼントの場合(サイズのはかり方)

普段からサイズについて話題に出していない限り、大切な人の指のサイズはわからないですよね。
それでも、婚約指輪はこっそり準備したい…という方へ、幾つか方法をご紹介いたします。

一番楽な方法は、普段大切な人がつけている指輪をお借りすることです。
お借りした指輪をお店に持ち込み、サイズを測って貰えば確実です。
持ち出しが難しい時は、一時的にこっそりとお借りして、リングの内周を鉛筆といった「リングを汚さない筆記具」で紙になぞって元の位置に戻す…というのもおすすめです。

もしくは、日常会話の中でさり気なく話題に出してみるなども良いかもしれません。
いきなり「サイズ」を聞き出すのは難しいと思うので、お友達や同僚の方などのこととして、リングについての話題を出して自然に聞くことが出来ればベストではないでしょうか。
ただ、勘の良い方だと気付かれてしまう可能性が高いので、とにかく自然に、慎重に!
普段からアクセサリーが好きな方であれば、ショッピングに出て、リングの売られたショップに立ち寄れば、サイズを測ったり話題に出したりするきっかけになると思います。

もし、大切な人が普段指輪をつけないだとか、借りることが難しい場合は、既製のサイズのリングで贈りましょう。
そして後日大切な人と一緒にお店にサイズを測ってもらいに行きます。

サイズを測る道具「リングゲージ」の貸出サービスがあるお店もありますが、様々なサイズのリングを指に直接はめて確かめることになるので、難易度は高いかもしれません。
大切な人が寝ている間などに測ることが出来そうであれば、郵送での貸出対応が可能なお店もあるので、都合に合わせて探してみましょう。

一緒に買いに行く場合

大切な人の好みのリングを選んであげられるところが一番良いところです。
デザインや素材の色などの好み、指に似合うかどうか、などがあります。

おふたりでジュエリーを選ぶのは、最高に楽しい時間になりますし、指輪に秘められた想い出にもなります。
一緒にお店に行ければサイズも測ってもらえるし安心です。

まとめ


婚約指輪選びは、結婚に向けての大切な一歩。

サプライズとしてプレゼントするにも、おふたりで一緒に選ぶにも、まずは情報収集から!
どのような指輪が似合うかといった、おふたり各々に対する好みやお金の使い方といった傾向の掘り下げ、そしてどのようなリングがどの場所で購入出来るか。
下調べをして知識を付けることで、より選別しやすくなります。

慌てて準備するよりは、前もってじっくり考えてから購入を検討されることをお勧めいたします!
ですが、急ぎで用意をしたいという場合ももちろんあると思われますので、その時はぜひお店に相談してみてくださいね。
おふたりの門出を応援してくれるお店は、たくさんあります!

おふたりが、素敵な婚約指輪と出会えますように。

婚約指輪の選び方は?購入までの流れを徹底解説|婚約指輪・結婚指輪のSUEHIRO(スエヒロ)

同じカテゴリーの最新記事

婚約指輪を貰ったお返しは?パートナーに喜んで貰うためのプレゼントの選び方

婚約指輪のお返しをするかしないか、お返しの品物の内容も人によって異なります。基本的には婚約指輪と同じように長く使えて身につけられる、上質なものを贈る方が多いようです。「いざお返しを!」という時、何を選べば良いか分からない……そんなあなたのお手伝いをします!

指輪を贈ると決めたけど、婚約指輪と結婚指輪の違いが分からない方へ

「パートナーに指輪を贈ろう!」そう決めたは良いけど、そもそも「婚約指輪(エンゲージリング)」と「結婚指輪(マリッジリング)」って、何がどう違うの?とお悩みの方向けに、婚約指輪と結婚指輪の違いを詳しく説明いたします。

婚約指輪の選び方は?購入までの流れを徹底解説

おふたりのこれからの人生の幕開けとなる大切な瞬間を飾ってくれる、一生の思い出になる、かけがえのない指輪。おふたりにとって最高のリング――石のあるデザインのリングならば最高のダイヤモンドや誕生石など、おふたりの気持ちを込めた石を選んで贈りましょう。

SUEHIROの特徴

ONLILNE SHOP

page top