ENGLISH 中文
【期間限定】ご来店予約限定5大特典/交通費キャッシュバック ご来店予約/03-3669-5555

結婚指輪は2人で払うもの?支払い方法などの悩みを解決

結婚指輪は2人で払うもの?支払い方法などの悩みを解決

結婚指輪は2人で払うもの?支払い方法などの悩みを解決

二人の愛の象徴ではありますが、そもそも必要?
支払いは?
一般的な男女での支払い分担や相場についてみていきましょう。

結婚式・引越しと結婚生活においての準備は色々ありますが、結婚指輪の購入も考えなければならないことのひとつです。
二人の愛の象徴ではありますが、そもそも絶対に必要なの?購入することになったけど、支払いはどうするの?など、その場になってからお互いの意見がまとまっていなかった!なんてことも。
ここでは参考として、結婚指輪は必要か?一般的な男女での支払い分担や相場についてみていきましょう。

結婚指輪はいらない?お揃いで買うか、片方だけ買うか


基本的に結婚指輪が必要か否かは、お2人にゆだねられるものです。
かつては結婚したら結婚指輪を着けるというイメージがありましたが、近年では自由に解釈がされています。
ただし結婚指輪を身につけないことでよくある勘違いは、周囲の方に結婚を知られている場合は、夫婦仲がうまくいっていない?と思われてしまうこと。
また既婚者と知らない方には独身と勘違いされてお誘いを受けてしまうといったことです。
いわゆる世間体というもので、気にされない方にとっては些細な問題ともいえますが、身につけた方が面倒ごとがないというのは確かでしょう。
また愛の誓いや、けじめを”現物”でいつでも目に入る場所で表現できるのは結婚指輪ならではです。

結婚指輪の購入に消極的になる理由は様々です。
指輪を着け慣れない、お仕事でほとんど着けられない、そもそも結婚指輪の購入資金がないといった理由が挙げられます。
お揃いのペアリングをすぐに用意しなくとも、結婚指輪が必要と感じるパートナーだけとりあえず購入するなどの選択肢もあります。

のちのちやっぱり買っておけばよかった!と後悔しないかよく相談して、お2人で話し合って決定しましょう。

結婚指輪の相場とは?気になる予算はこちらから


結婚指輪の購入平均金額は、27万円と言われています。
しかしこれはあくまでも平均で、価格帯は5万円以下から50万円以上とカップルによって様々です。
一般的なブライダル専門のジュエリーショップで扱われていることの多い価格帯は20万円から30万円です。

結婚指輪をそもそも購入するのかと迷った時に気になるのは、もし購入することになった時の費用がどのくらいかかるのかでしょう。
指輪はデザイン、素材、加工、ブランドなどの要因を経て、価格が決定します。
お求め安く、品質のよい結婚指輪はありますし、高額とされている結婚指輪はそう設定されるだけの理由があります。
何を最も重視して購入するかはある程度固めておく必要はあります。

ほしい結婚指輪の価格によっては、全額出すか、それとも割り勘かという話も出てくるカップルもいらっしゃることでしょう。

結婚指輪は誰が払う?費用負担の実情とは


結論から申し上げますと「男性が支払う」ことが最も多いです。
結婚指輪は、女性にとって夢や憧れがカタチとなった、一生の宝物と考える方も少なくありません。
結婚指輪にかかわらず、プレゼントされる嬉しさは誰もが持っています、そして大切なパートナーからの贈り物はなおさらです。
多かれ少なかれ憧れを持っている女性に対して、きっぱりと割り勘と言ってしまうのもいかがなものかと思います。
また反対に男性側から、プレゼントしたい!という方もいらっしゃいます。
そんな男性に対して、借りをつくりたくないからと断る女性も時たまいらっしゃいますが、そこまで断じなくてもと感じることがあります。
今後の夫婦生活のこともございますので、よくお相手と相談して、本当の気持ちを店頭に行く前に把握することがまず第一歩と存じます。

最近の傾向としては、割り勘まではいかなくとも「男性が多く支払い、一部女性も支払う」というケースも増えてきました。
男女ともに働いている、お2人の共通のお金・口座があるというケースも多いですから、頷けます。
また結婚指輪はたくさんの種類があり、デザインがあり、ブランドもあります。
お目当てのペアリングがちょっと予算オーバー……でも生涯身に着けるものだし、どうしてもこれが欲しいというシーンもあるでしょう。
お2人で協力して費用を出し合うというのも素敵なことと思います。

お返しとしての結婚指輪、婚約指輪との関係とは?


婚約指輪のお返しとして、女性から時計やネクタイといった返礼品を贈るという慣習のあるご家庭もあります。
その場合、時計の代わりに結婚指輪をお返しするという方もいらっしゃることでしょう。
婚約指輪のお返しは今ではなかなか見られない慣習ですが、「婚約指輪のお返しをしたい」と伝えて、プレゼントすることはとてもスマートで素晴らしいと思います。

お互いにプレゼントするカップルも増えています!


結婚指輪を「割り勘にする」カップルにも様々な事情が垣間見えます。
私は私、あなたはあなただから割り勘というさっぱりとした関係を望むカップルもいれば、のちのち「買ってやった」と言われ、優位に立たれるのが嫌で割り勘という、未来の結婚生活への布石として結婚指輪を見ている方もいらっしゃいます。
前述の「男性が多く支払い、一部女性も支払う」というケースは、全額出してもらうのは申し訳ないと感じている女性に多いようです。
また割り勘でいいけれど、完全に折半も寂しいという場合もあります。
どちらかが全額支払う場合と同様、今後の結婚生活にも影響してきますので、お互いの納得がいくかたちで検討しましょう。

結婚指輪を割り勘派におすすめしたいのが、「お互いにリングをプレゼントし合う」ということです。
最近のペアリングはメンズリング、レディースリングでそれぞれに価格がつけられていることがほとんどです。
男性はレディースリングを、女性はメンズリングの代金を支払うという形でペアリングを購入してみましょう。
指輪はサイズが小さい規格ほど地金の使用量が減りますので、一般的に価格は安くなります。
お互いに贈り合うプレゼントという感覚になりますし、通常の割り勘よりもとてもロマンティックであると思います。

結婚指輪の支払い方法は何がある?


結婚指輪の支払い方法は、「現金払い」「クレジットカード」「内金」「ショッピングローン」があります。

現金払い

現金で結婚指輪を一括で購入する方法です。結婚指輪を購入する時に現金を持ち歩く必要がありますが、1回支払えばあとはすべてお任せ。
新婚生活には新婚旅行、結婚式、引越し、様々なイベントがあると思いますので、早めに支払いまで完全に済ませておきたい方におすすめです。
縁起を担ぐ方は現金で一括払いという方も中にはいらっしゃいます。
また現金購入であれば予算を意識して指輪を購入することができ、フラットな感覚で購入することができます。

クレジットカード

一括払い

クレジットカードの一括払いは、現金を持ち歩かなくとも、カード一枚持ってさえいれば現金払いと同じように1回の支払いで済ませることができ、便利です。
また購入当日にすぐ引き落とされるわけではなくご存じの通りカード会社で定められた締切日の翌月に請求されます。今まとまったお金を用意するのが厳しいが、次の給料日でという方にもおすすめです。
ただしクレジットカードの利用限度額は注意しましょう。他の支払いもあって限度額が足りなくて決済の時にカードが使えなかった、他の支払いの際にカードが使えなくなって困ったなど、意外と多い事例です。一括で購入して支障がないか、あらかじめ限度額を確認しておきましょう。
昨今は2回分割払いですら金利手数料がかかってくるショップもあるようです。
特に理由がない限りは一括購入がベターです。

分割払い

クレジットカードを利用して分割で支払う方法です。
分割2回払いまでは通常であれば金利がつかないと言われています。
3回以上の分割払いには借入金額の約10%前後の金利がかかってきます。
結婚指輪の購入金額は総じて高額、分割回数が増えれば実質負担は増え、後から後悔しないように考えましょう。
クレジットカードの限度額によっては分割の方がいいかもしれません、ご自分の利用状況を把握して、賢く使いましょう。

リボ払い

クレジットカードの支払いを、月々定額で返済していく方法です。
気軽な返済方法のようですが、実質年率負担が15%ほどありますので注意しながら利用しなければなりません。
しかしほとんどクレジットカードを使わない月があるという方には使える制度だと思います。

内金

内金は結婚指輪の代金の一部(1割や2割が多いでしょう)を先に支払って、指輪が出来上がり、受取りをする際に残金を支払うというやり方です。
クレジットカードを使わずに、まとまったお金を持ち歩かなくとも好きなタイミングで購入することができるため便利です。

ショッピングローン

直近で結婚指輪の購入資金がないけれど、今すぐ結婚指輪が欲しい!結婚式に間に合わせたい!という方には「ショッピングローン」を利用するという方法もあります。
結婚指輪は結婚生活の開始や結婚式で使いたい時に購入されるのが一般的ですが、そういう時期は出費が重なり難しいことも。
その際にローンを組んで購入するのは有効な手段です。
近年はインターネットで気軽に利用できることもあって利用する方も増えてきております。

まとめ


結婚指輪は永遠の愛を表現する一生涯のジュエリーとなることでしょう。
しかしその分まとまったお金も必要で、特に結婚直後の慌ただしい時期には悩ましい存在と感じてしまうこともあるかもしれません。
夫婦生活のはじめの一歩として、支払いについて思うところが少しでもあれば正直に話し合い、お互いを尊重し合って納得できる方法で購入を検討しましょう。

結婚指輪は2人で払うもの?支払い方法などの悩みを解決|婚約指輪・結婚指輪のSUEHIRO(スエヒロ)

同じカテゴリーの最新記事


SUEHIROの特徴

ONLILNE SHOP

page top