ダイヤモンド カット

ダイヤに命を吹き込む


ダイヤに命を吹き込む【ダイヤモンドカット】の歴史・ランク・運命の1品見つけるポイントをご紹介します。
ブリリアントカットのダイヤモンドを選ぶ際に4C(カット・カラー・クラリティー・カラット)という評価基準があることをご存知の方も多いかと思います。
その中でもカットは、ひときわダイヤを選ぶうえで重要視したいポイントとよく言われますが、なぜなのでしょうか?
その問いに答えるためにも、ここでは、古今の人々がどのようにダイヤモンドのカットを発展させてきたのか、カットランクの見方や、数あるダイヤの中からどのように運命のカット・1品を見つけ出すのか、ダイヤモンドカットにまつわる情報をご紹介していきます。

ダイヤモンドカット技術と歴史を簡単にご紹介!

もともとタイヤモンドは道具の1つだった?!
ダイヤモンドの歴史をひも解いていくことにしましょう。

14世紀はじめは道具としてのダイヤ

ダイヤモンドは14世紀初めから使用されていましたが、当時は、宝飾品としてではなく石板や硬い素材に文字を書く道具の1つとして使用されていました。
当時は、ダイヤモンドをどうやってカットすればよいのか分からず、輝きを引き出す技術がなかったのです。
後にダイヤモンドの結晶同士を擦り合わせると磨ける事が解明され、ダイヤモンドの高硬度特有の表面光沢や高い光の屈折率がわかり、宝飾品として貴族たちの間で瞬く間に話題に。
当時の研磨技術は円盤状のソーイング・ブレードにペースト状の研磨剤を塗布し固定したダイヤモンドを押し当てるもので、ソーイング・ブレードの動力源は人力や水車や牛に引かせるなど、かなり原始的なものでした。

15世紀からは宝飾品として人気に

15世紀中期になると、ポイントカット(原石の表面を少し磨いた程度のもの)上下を切断した形のテーブルカット、ローゼンツ・カットが出現、16世紀に入るとより24面からなりバラのつぼみに似たローズ・カットが生まれ、ますますダイヤモンドの輝きを引き出すカット技術が途上していきます。
研磨職人たちの試行錯誤により、最初のブリリアントカットと言われるマザラン・カットが登場したのは17世紀後半のことでした。

現在のラウンドブリリアントカットの原型が登場

17世紀待末になると、ベネチアの研磨職人が現代のブリリアントカットにつながる最初の58面を持つオールド・マイン・カット(外形は正方形に近い)を開発しました。
研磨の方法はまだ原始的で、原石を旋盤状のダイヤモンドを固定する器具(ドープ)にセットし、もう一つの研磨用ダイヤモンドをセットした工具に押し当てて高速で回転させ、テーブルを正面に見たダイヤモンドの外周を丸く曲線状に仕上げていくというもの。
すべて人力ペダルが動力源だったため、それはもう、気の遠くなるような作業だったことでしょう…。

そして現在のダイヤモンドカットの確立

18、19、20世紀と長い年月をかけ、研磨技術が向上し、さらに輝きを増すために外形が円形に、パビリオン側が更に浅くなり、より適正な美しさを引き出す黄金比をまとった、現在の「ラウンドブリリアントカット」へと変貌を遂げてきました。
このブリリアントカットは、世界的に権威のある宝石の鑑定機関GIAでカット評価の対象とされる唯一の形となっています。

_GIAとは?_

アメリカに本部を置く非営利の宝石学研究・教育機関です。
4Cの考案者であり、ダイヤモンドの品質認定において、世界でも最高の権威を誇るものと見なされています。

ダイヤモンドカット(シェイプ)の種類

ダイヤモンドカットというと、マリッジリングなどに人気の円形のカット「ラウンドブリリアントカット」がもっとも一般的ですが、このほかにも様々なシェイプがあります。

ペアシェイプ

ペア(洋ナシ)のような形が名前の由来です。涙のようにも見えることから「ディアドロップ」とも呼ばれます。
ブリリアンカットの変形判版です。


マーキス

ボートのような形状のカットで、細長い原石に用いられます。
カラット数に対して、より大きく見せる効果があります。


オーバル

楕円形をしたブリリアントカットの変形版。
サファイヤ・ルビーなどの色石によく使われるカットです。


ラディアント

クッションまたは角型をしていて、70のファセットを持ちます。
見た目はプリンセスカットに似ていますが、ファセットの取り方が違います。

プリンセスカット

バケットカットに多数のファセットを施したカットです。
ファセットの数に決まりはなく、テーブル面の面積が広いのが特徴。
ラウンドブリリアントカットよりも削る率が少ないので大粒に仕上げやすいです。

エメラルドカット

エメラルドに用いられるカットですが、ダイヤモンドでも使われることがあります。
平面が多いため、傷やインクルージョンの少ない一級品であれば、澄んだ美しさが際立つカットです。
質のごまかしの効かないカットだと言えます。

ハートシェイプ

ハートマークをかたどったカット。
ブリリアントカットの変形で、56面のファセットを持ちます。


テーパー・バケットカット

台形で各のしっかりとしたシェイプです。
この形はメインのダイヤとしてよりも、サイドストーンに使われることが多いです。

この他にもマリーゴールドカット、セミナビッツ・カットなど様々なシェイプがありますが、ダイヤモンドに用いられるカットとしては上記のシェイプがほとんどです。

【ブリリアントカット】が支持される理由

ダイヤモンドカットで最も人気の高い「ラウンドブリリアントカット」は、1919年光学理論と数学によってダイヤモンドの理想的な形がマルセル・トルコフスキー(Marcel Tolkowsky)によって提唱された設計図に基づきます。
基本の切子面は全部で58面。
数あるカット・シェイプの中でも、ダイヤモンドの輝きを左右する3つの要素、白い輝きのブライトネス、虹色に光り反射するディスパージョン、宝石や照明の動きによって内部の光がきらめくシンチレーションを最高水準まで高めています。
ブリリアントカットの魅力はダイヤの魅力を100%引き出すだけではありません。
ブリリアントカットを施すには、原石の大きさが問われ、研磨の工程で原石の50%以上が失われてしまいます。
贅沢に素材を使用するため他のシェイプではかなわない正確でシンメトリーの取れたバランス、まばゆいきらめきを生み出しているのです。
こうした非常に希少な素材を贅沢に使用しているという点も、大きなポイントです。
さらには、ブリリアントカットは、世界的な宝石の鑑定機関であるGIAによる「4C」でカットに関する品質評価基準が定められている唯一の形=客観的に良し悪しを図れる形ということも特筆すべきポイントになるでしょう。
他のシェイプでは、3C(カラット・カラー・クラリティ)のみの判定です。


カットの良し悪しとダイヤモンド輝きの関係について

ダイヤモンド特有の輝きの要素には次の4つがあり、カットが優れているほどに4要素をバランス良く、相乗的に引き出せます。

Brilliance(ブリリアンス)

ダイヤを上から見たときに、内部・外部のカット面から反射されて見える白色光の反射

Fire(ファイアー)

ダイヤを動かした時に内部に見える虹色のきらめき

Scintillation(シンチレーション)

ダイヤモンドを動かした時に現れる明暗と光のフラッシュや煌めき、その模様のこと。
とくにエクセレントグレードダイヤのシンチレーションは独特で、星の輝きにたとえられることもあります。

Pattern(パターン)

ダイヤの外部・内部反射から生じる明暗エリアのコントラスト。

たとえば、浅すぎるカットだと下側から光が漏れ出てしまいますし、深すぎるカットだと側面から光が漏れ出てしまい光の反射を効率的に取り込めません。
理想と言われるカッティングのバランス定め、データとして可視化してくれるのが次にご紹介する「GIA」のカットグレーディングです。

ダイヤモンドカットのランクの違いについて

ダイヤモンドカットのランク・グレーディングと、その決め方についてご紹介します。

ランク・評価の見方と意味すること

カットグレーディングはPOOR〜EXCELLENTまでの5段階で評価され、EXCELLENTランクに関しては、さらに3つのランク分けがされています。

EXCELLENT
3 EX H&C

最高評価のグレードです。
矢とハートの模様が浮かび上がり、プロポーション(カットの総合評価)・ポリッシュ(表面の研磨の仕上げ状態)・シンメトリー(対称性)の3つの評価基準全てで最高の評価を得ています。

EX H&C

プロポーションおよび、シンメトリー・ポリッシュのいずれかがエクセレントを獲得していて(エクセレントが2つ以上)で、ハート&キューピッドが見えるもの。

EXELLENT

プロポーションおよび、シンメトリー・ポリッシュのいずれかがエクセレントを獲得していているも。(エクセレントが2つ以上がエクセレント)

VERY GOOD

プロポーションがエクセレントの次に理想に近いグレード。

GOOD

内部で光のほとんどを反射しますが、ベリーグッドほどの反射はしません。
価格もぐんとお手頃になるため、ファッションジュエリーによく用いられます。

FAIR

対称性にだいぶズレがあり輝きに影響を与えています。

POOR

ダイヤ特有のきらびやかさに欠けます。

カットグレーディングシステムによりカットのランクが決まる

ダイヤモンドのカット項目の評価は、次の2つの流れを経て、Excellent、VeryGood、Good、Fair、Poorの各グレードに決定されます。

  • プロポーション要素(様々な部分のサイズおよび角度間の関係)の高度な3Dコンピューターによる評価
  • 目視評価要素(ガードル厚、キューレットサイズ、ポリッシュ、シンメトリー)を、人間の目で見て評価

様々な審査項目がありますが、大枠で1:プロポーション(全体の形状のバランス)、2:シンメトリー(対称性)、3:ポリッシュ(研磨)という3つの要素から判定され、最高ランクは「エクセレント」です。

ここで強調したいのは、与えられた評価は絶対ではないということ。
まずマシンでの評価ですが、各カットグレードに入る比率、プロポーションの範囲があり、そのため同じグレードに評価された品でも、ダイヤモンドの明るさ、ファイアーなどの輝きが違って見えることがあります。
さらに、人の目による評価は、鑑定者の主観も入るところで鑑定者によって微妙に評価がずれるということも多々あるのです。
カットグレーディングは絶対ではなく、単なる指標の1つであることを忘れないようにしたいものですね。

ハート&キューピッド=優れたカットは間違い?!

女性の方に人気が高いのが、特殊なルーペでダイヤモンドを覗き込んだ時にハートと矢が見える「ハート&キューピッド」のダイヤモンドです。
その特徴はまさに「婚約」というシーンにピッタリ。何ともロマンチックですよね。
非常に人気が高く、ハート&キューピッドを持つダイヤは数パーセントですが、相場よりも高い値段で取引されています。
ただ気を付けていただきたいことも…。
ハート&キューピッドが見える=カットの優れたダイヤだと思われがちなところがありますが、実はハート&キューピッドは「ある一定以上の形状と優れた対称性」さえクリアできれば自然とあらわれます。
そのため、「エクセレント」以外のランクでも見られるケースがあるのです!
この点を間違えてしまうと、「ハート&キューピッドなのに安いですよ」→「価値の低いダイヤモンドを買ってしまった」なんて事態になりかねません。
SUEHIROでは、カットそのもののクオリティを重視したうえで、ハート&キューピッドはサービスの一環として、ご来店のお客様にご提案させていただいております。


理屈だけじゃない直観力を大切に…

ご紹介しましたように、評価・ランクを盲信してしまうのは、少し危険です。
カットのランク的には同じエクセレントでも実際には見た目に違って見えることが多々あるのです。
これはカット項目が人の目によって審査されること、マシンによる判定でも同ランクに収まる幅があることなどが関係してきます。
だからこそ、提示されたグレーディングだけを重視せずに、あなたの瞳にどう映るのか、直観もまた大切にしたダイヤモンド選びをぜひ、心掛けてみてください。

SUEHIROで運命のダイヤモンドに出会ってみませんか

SUEHIROでは、実際にお客様のお手元に届くダイヤモンドを、ご自身の目で見て決めて頂くことができます。
ご紹介したように、同じカット評価でも美しさの基準には個人差があります。
だからこそ、お客様にとって最良のダイヤをご提案するためにも、面倒に思われてしまうかもしれません、それでも、ご自身の目で見て決定していただくことを大切にしたいと考えております。
ご自身で使用するダイヤを決めることのできるジュエリーショップは数少ないことと自負しております。(お客様のご希望される4Cに当てはまるダイヤモンドをショップ側で決めることがほとんどです)。
確かな品質のダイヤモンドを取り揃え、お客様の感性を大切にした運命のダイヤとの出会いをご提供させていただきますので、どんな些細なことでもお気軽にお問合せ・ご相談くださいませ。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

page top