婚約指輪 デザイン 悩む

後悔しない婚約指輪のデザイン:
悩む前に押さえるべきポイントを紹介!

婚約指輪は、一生に一度の買い物であり長い間身につけるジュエリーです。そのため、一過性の流行やその時の衝動で選ぶと後悔することも珍しくありません。
後悔しない婚約指輪選びには、「ダイヤモンド」と「デザイン」の関係をしっかり見極めることが重要になります。
ここでは、後悔しないダイヤモンド選びのためのポイントと、代表的なデザインについて紹介します。ぜひ婚約指輪選びの参考にしてくださいね。
婚約指輪 デザイン 悩む

婚約指輪の要であるダイヤモンド、その後悔しない選び方

ダイヤモンドは、1粒1粒その輝きや色味が異なります

婚約指輪の印象を大きく左右するダイヤモンドは、1粒1粒その輝きや色味が異なります。
ダイヤモンドの価値は、

  • Carat(カラット) 重さ
  • Clarity(クラリティ) 透明度
  • Color(カラー) 色
  • Cut(カット) カット

の4要素によって鑑定士に評価されます。



カラットは、ダイヤのサイズと混同されがちですが実は重さをあらわす単位で、1カラットは0.2グラム。ダイヤモンドの原石は多くが1カラット未満で産出されるため、1カラット以上の重いダイヤモンドは価値が高い傾向にあります。

また、ダイヤモンドの透明度はクラリティという基準によって評価されます。ダイヤモンドのような鉱石は天然資源であるため、不純物やキズを含んでいることがほとんどです。こうした不純物、つまりインクルージョンが少なければ少ないほど透明度が高いということになり、価値の高いダイヤモンドと評価されます。

カラーは、完全な無色透明を示す「D・E・F」から、無色、わずかな黄色、薄い黄色、黄色を示す「Z」までで評価されます。「Z」以下つまり淡黄色よりも濃い色のダイヤモンドは「ファンシーダイヤモンド」といい、別の評価基準でその美しさが定められます。ファンシーダイヤモンドはブラウン、ピンク、ブルー、グリーン、パープルなどあらゆる色が存在していて、こちらは色が濃いほど評価は高くなります。

最後の「C」であるカットは、唯一人の手による加工で決定づけられます。天然の鉱石であるダイヤモンドをもっとも美しい角度でカットし、輝きを最大限引き出しているものが光学的に理想であり最上級品とされます。

これらの基準はいずれも頭文字が「C」のためダイヤの4Cと呼ばれていて、それぞれが高水準であればあるほど価値が高く質の良いダイヤモンドとされます。
SUEHIROでは、石(ルース)の状態でのダイヤモンドも豊富に取り扱うことで、後悔しない婚約指輪選びをサポート。あなただけの特別なダイヤモンドがきっと見つかるはずです。もっとも権威のある認定機関であるGIA認定の鑑定士が対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ソリティアにウェーブ、V字、代表的な婚約指輪デザイン

婚約指輪の主役といえるダイヤモンドについて一通りご紹介したところで、次は代表的なリングデザインについてご覧いただきましょう。
婚約指輪の一般的なデザインには、ソリティア、ウェーブ、V字、エタニティ、サイドストーンの5つがあります。

ソリティアリング

ソリティアリング

ソリティアはフランス語で「単独」を意味し、その名の通り1粒ダイヤモンドを4本ないし6本の爪で留めたもの。別名ティファニーセッティングとも。


ウェーブリング

ウェーブリング

S字状に波打っているデザイン。1粒ダイヤモンドやメレダイヤ(小粒のダイヤモンド)との組み合わせで表情が変わる。
動きのあるデザインのため、指を細く見せる効果がある。


V字リング

V字リング

リングがV字型にカーブしているデザイン。
こちらもウェーブリングと同様に指を細く見せる効果がある。


エタニティリング

メレダイヤを一列に埋め込んだデザイン。
リングの半周にデザインされているものはハーフエタニティ、ぐるりと一周しているデザインはフルエタニティという。


サイドストーンリング

サイドストーンリング

メインのダイヤモンドの横にカラーストーンやメレダイヤをあしらったデザイン。
サイズの異なる3粒のダイヤモンドを横に並べたリングは別に「スリーストーンリング」ともいい、過去・現在・未来を象徴するデザインとして人気を博している。



これらのデザインは、流行や優劣のない、オーソドックスなものばかりです。それぞれに華やかなデザイン、日常使いしやすいデザインがあるため、女性の指に似合う使いやすいデザインを探すことが重要です。

婚約指輪のデザインは長く身につけられるものを予算内で

婚約指輪のデザインは長く身につけられるものを予算内で

婚約指輪は、年齢を重ねても身につけ続けるリングなので、ファンシーすぎるデザインやあまりにも流行を意識しすぎたデザインはあまりふさわしくないでしょう。
現在もこれからも、いつまで経っても素敵だなと思えるデザインをチョイスするのが大切です。
また、婚約指輪は新郎新婦となる二人の新たな人生を象徴するアイテムでもあります。無理して高いものを買ったり、予算オーバーなリングを購入してしまったりするのもオススメできません。
SUEHIROでは、幅広い予算に対応するべくリーズナブルで質の良いリングを数多くご用意して、お二人にぴったりの婚約指輪をご提案しています。
数多くのカップルを接客してきた老舗ならではの経験と実績で、ご予算に合わせた指輪選びをお手伝いいたします。ご来店の際は、ご予算や好みのデザインをお伝えいただくとスムーズです。


知識があれば婚約指輪は後悔しないで選べる

知識があれば婚約指輪は後悔しないで選べる

婚約指輪とひとくちに言っても、そのデザインやダイヤモンドのあしらいはさまざまです。セミオーダーやフルオーダーも含めれば、新郎新婦の数だけ婚約指輪のデザインが存在すると言っても過言ではないでしょう。数多あるデザインの中から選ぶのはたいへんですが、事前にダイヤモンドの等級をあらわす「ダイヤの4C」や、一般的なデザインについての知識を得ていればスマートに購入することができます。
長く使い続けられるデザインについては、スタッフにも専門の知識がございますのでぜひご活用くださいね。

よくある質問

婚約指輪はシンプルな1石ダイヤモンドのデザインが一番人気と言われています。一目で婚約指輪とわかりますし、フォーマルな場で使いやすく、好みに左右されないという点で選ばれているようです。しかし人とまったく同じ形もつまらないと思われる方も多くいらっしゃいます。SUEHIROではシンプルなもの、華やかなもの、エッジの効いたものなど、バリエーション豊富にデザインサンプルをご用意しています。ストレート・ウェーブといったフォルム、素材やリング幅、サイドダイヤモンド、お好みに合わせて実際に着用しながらお選びいただけます。詳しくはこちらから

婚約指輪のデザインにオリジナリティを持たせるには全体のデザイン、ダイヤモンドを留める爪の形状、リングのアーム幅、金属の素材など、多岐に渡ります。フルオーダーとなるとある程度の知識も必要となり、出来上がったものもお好みに合うかわからない、といったことも起こりうるでしょう。SUEHIROではお好きなダイヤモンドと枠を合わせて、セミオーダー形式で婚約指輪をお作り頂け、商品数80000点、数多くのデザインの中から、お選びいただけます。店頭で実際に着用していただけるデザインも沢山あり、自分でも気が付かなかった新たな発見があると、ご来店頂くお客様にご好評いただいております。特にダイヤモンドは枠に取り付ける前の純粋な輝きをお楽しみ頂けるとともに、比較もして頂けます。こだわりのデザインこそSUEHIROで。ご来店をお待ちしております。
ご来店予約はこちらから

オーダーメイドはどうしても時間や予算がかかるものです。何度もお店に足を運び、デザイン起こしから途中経過を確認、さらに仕上がりを確認してやっと完成、と電車代も移動時間も多くとられます。SUEHIROの婚約指輪は製造直販。仲介業者を省くことで、価格をリーズナブルに抑えています。またダイヤモンドは直輸入。自社鑑定士(米国GIA取得)が選りすぐった美しいダイヤモンドからお好みのものを、お求めやすい価格からお選び頂けます。価格にも、クオリティにも妥協せず、そして数多くの選択肢の中から、お好みのデザインを探してオリジナルの婚約指輪をお作り頂けるのです。

婚約指輪で多くのデザインはプラチナ(シルバー色)でおつくりをいたしますが近年、普段使いをしたい、とのお声を多くいただいているため18金イエローゴールドやピンクゴールドで婚約指輪をおつくりになる方も増えてきております。SUEHIROではプラチナ・ホワイトゴールド・ピンクゴールド・イエローゴールド、そして数種の金属を組み合わせたコンビリング。ゴールドは婚約指輪にふさわしい、K18でご用意しております。個性豊かな婚約指輪はブライダル専門店で。ぜひお手に取ってご覧ください。

婚約指輪は愛の証の贈り物。その価値観は不変ですが、近年ではファッションの一部として日常的に取り入れることも多くなっているようです。その流れの中でトレンドを意識した婚約指輪も数多く見られます。ただ流行・人気のデザインを、そのまま取り入れればよいというものでもございません。婚約指輪は一生もの。生涯を通してお使いいただくことを前提にご自身に本当に合う指輪をお選びいただくことをおすすめいたします。SUEHIROでは80000点の商品の中からお選び頂けるとともに、最新のデザインも随時更新されています。数多くの中から比較検討できるブライダル専門店にお任せください。






page top