ルビー 7月 誕生石

身に着ける者に生命力を与える貴石、ルビー

赤くてエレガントな宝石ルビー、石に込められた意味とは?

7月の誕生石、ルビー。三大貴石の一つとして有名です。

赤色に対する高級でロマンチックなイメージが人気を呼んでいます。

華やかなパーティーで指輪やネックレス、ピアスとして身に着けるにはぴったりの宝石ではないでしょうか。

また、ルビーの石言葉は、愛を意味する言葉や命を意味する言葉が多いです。

情熱、仁愛、勇気、仁徳、威厳、精神面の浄化、血液の浄化、永遠の命、美、優雅などがあります。

これらのイメージの通り、物事への活力や積極性をアップさせるパワーストーンでもあります。

仕事が上手くいかない、恋愛で一歩を踏み出せない、生活になんとなくマンネリを感じている・・・

そんなお悩みを抱えた方にぴったりの宝石です。

職場でリーダーシップを発揮したり、新しいアイデアが思い浮かんだり、大切な人へのアプローチが成功したりするかもしれません。

宝石の王様 「ルビー」の商品はこちら

SUEHIROではルビーのネックレス、指輪、ピアスを製造直販しております。

お好みのデザイン、カットに合った商品をお選びいただけます。

直接輝きをご覧になりたい方、ぜひご来店下さい。お待ちしております。


ルビーの語源

ルビーの語源は、ラテン語で「赤」を意味する「ルベウス(rubeus)」から来ているという説が濃厚です。

その他、サンスクリット語で「ラトナラジュ」と呼ばれ、「宝石の王様」の別名を誇っていました。

ちなみに、漢字では紅玉。血色が良い事や美しい容貌を形容する際にも使われる言葉です。

ルビーの輝く赤色を形容するのにぴったりですね。

ルビーに関する歴史

ルビーの歴史は、青銅器時代(紀元前約3500年)に始まりました。

聖書を読むと次のような記述があり、ルビーは最も尊い宝石であることが分かります。

「だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女はルビーよりも尊い」(箴言31章10)

古代ギリシアでは、戦いへ赴く兵士達のパワーストーンとして愛用されてきました。

真っ赤なルビーからはみなぎる闘志を連想させてきたのでしょう。

中世では、ルビーは危険が近づくと黒くなる予言の石と考えられていました。

身に着けているルビーが黒くなると災いが起こるとも言われていました。

また、肝臓を治療する処方薬として、粉末状のルビーが用いられることもありました。

15世紀には、後ほど解説する高級ルビー「モゴックルビー」がミャンマーで見つかり、

19世紀の宝石商Thiri.Tin.Htut家のU.Hmatがモゴックルビーを発見した後その名が世界に広まりました。

U.Hmatは19世紀最後の皇帝であり、後の世代が宝石発掘やミャンマー、タイ、ヨーロッパでのトレーダーとして引継いでいくことになります。

ルビーの特徴 ~サファイア、ガーネットの違いと希少性~

ルビーは硬くて割れにくい丈夫な石なので、安心して身に付けることができ、手入れもしやすいです。

因みに、コランダムを主成分とした宝石の中で赤い物がルビーと定義されており、他の色はサファイアとなります。

実はルビーとサファイアの成分はとても似ているのです。

また、赤い宝石でガーネットを連想される方もいらっしゃるかもしれませんが、赤の色合いと希少性において大きな違いがあります。

ルビーの方が明るい色合いをしており、ガーネットはワインレッドのような色合いをしています。

そしてルビーは、誕生石の中でも希少性においてトップクラスを誇ります。

ミャンマーで採れるルビーは希少であり、ビルマルビーと呼ばれます。

その中でも高級かつ高価なルビーが「ピジョンブラッド」で、加熱をしなくとも上品な濃い赤色をしています。

中でも最上級なものは、標高1500メートルのモゴック地方で取れるものです。

雨期は発掘が中止になったり、政府から規制がかかることもあり、発掘可能な時期が限られています。

最も高いルビーは約34億円で、スイスのオークションにて落札されました。伝説の宝石と言えるでしょう。

お手入れについて

ルビーは傷や割れに強く、比較的メンテナンスしやすい宝石です。

ですが、強い太陽光に長時間さらされると退色の恐れがあります。外出後は日光の当たらない場所に保管しましょう。

また、汚れを落としたい時は中性洗剤を使い、歯ブラシで優しく擦って下さい。

英語の表記

July:Ruby

Passion, benevolence, and authority

Increases energy and leads to success The highest grade of ruby is called “pigeon’s blood.” The fire-like red of rubies has become a symbol for passion, and warriors in ancient Greece wore them as protective amulets in which the war god Mars dwelt. It is said that women who wear rubies will further add to their charms and they will receive rank, honor, and love.



ルビー 7月 誕生石 をもっと見る

page top