ガーネット 1月 誕生石

勝利を呼ぶ石、ガーネット

燃えるような情熱をたたえた、ガーネット


ガーネットは、血のように赤い実を沢山内包する柘榴(ざくろ)に色が似ていることから名付けられ、また「豊かな実り」と「血のように濃い結束」というイメージがつけられました。
ガーネットを贈ることは、ずっと変わらない一途な愛や友情を表現してくれます。
また別名で「勝利を呼ぶ石」とも呼ばれており、身に着ける者を奮い立たせ、困難にあってもパワフルに願望を成就させるとも言われています。
婚約指輪のアクセントとして加えたり、アミュレットとしてビジネスシーンにも活躍してくれそうです。

ガーネットは、1月の誕生石です。
新たな年を迎える際に前向きにさせてくれるような、情熱的な石といえます。

深みのある色合いと歴史ある奥深い伝承によって、悠久のロマンを感じられるガーネットの魅力をお伝えします。

~悠久のロマンの石 「ガーネット」の商品はこちら~

SUEHIROではガーネットのネックレス、指輪、ピアスを製造直販しております。
お好みのデザイン、カットに合った商品をお選びいただけます。
直接輝きをご覧になりたい方、ぜひご来店下さい。お待ちしております。


ガーネットの語源・由来

ガーネットgarnetは、ラテン語で柘榴(ざくろ)を意味する「granatum」から派生しました。
和名でも「柘榴石」と称されるように、真紅に輝く鉱石です。

ガーネットの歴史


ガーネットは歴史上最古の記録のある宝石と言われます。
5000年以上前にはレッドガーネットが、エジプトのファラオのネックレスとして使われていました。
ヘレニズム時代、東方遠征したアレキサンダー大王も、ガーネットを自国まで持ち帰っています。
血のような赤い色合いから、兵士が身を守るお守りとして、ガーネットを身に着ける習慣が生まれました。
十字軍に参加した兵士も戦場に赴くときに携帯したようです。
中世ヨーロッパでは、赤色が血の結束を表す証として、王家や貴族、また聖職者に好まれていました。

また伝説では、旧約聖書のノアの箱舟が有名でしょう。
ノアは神の神託によって、家族と全ての動物のつがいを方舟に乗せて大洪水をしのぎました。
ガーネットは暗闇の中で、箱舟の行く道を示したと言われています。

また赤い宝石カーバンクルは、レッドガーネットを指していたといいます。
カーバンクルはエメラルドと共に、神によってソロモン王に与えられた4つの宝石の一つと伝えられています。

ジュエリーとしての最盛期は、19世紀英国ビクトリア朝時代です。
ゴールドラッシュの時代とも重なり、チェコで産出されたガーネットは、ゴールドと相性の良い宝石として多用されていきました。

ガーネットの特徴


「ガーネット」と一口に言っても、実は多くの種類があります。
赤色、ピンク、黄色、オレンジ、緑色、紫色など、トルマリンほどではありませんが、たくさんの色数をもっています。
赤色の中でも数種類、アルマンディンガーネット・パイロープガーネット・ロードライトガーネットなど、色合いによっても呼び名が変わります。

また宝石の価値としては、透明度が高いもの。そして色の濃淡が美しくでている石が高く評価されます。
色の濃さについては、個人個人の好みに寄るようです。
一般的に手に入りやすいガーネットの多くは、赤色をしていますが、緑色のガーネットはその希少性から価値が跳ね上がります。
緑色のガーネットは、ティファニーによって有名になったグリーングロッシュラーガーネットや、ロシアの宮廷ジュエリーに重用されたデマントイドガーネットがあります。

産出地は主に、インド、ブラジル、スリランカ、タンザニア、マダガスカル、ロシアなど各地で産出されます。

ガーネットのお手入れについて

モース硬度は6.5~7.5と幅があります。
一般的なガーネットは7~7.5です。こちらはアクセサリーとして身に付けるのに十分な硬さがあります。
緑色のデマントイドガーネットのみが硬度6.5と低くなっています。この石は取り扱いに注意が必要です。
ただし石内部の状況によっては、欠けたり割れたりする危険性もありますので、急激な温度変化、強い衝撃には注意が必要です。
一日の終わりに、柔らかい布などで皮脂をとるほかに、温かい石鹸水で洗浄することも可能です。
落ち着いた真紅の輝きは、フォーマルな場でも、カジュアルなシーンでも活躍してくれることでしょう。

English

January:Garnet

Truth, friendship, and victory
It makes for a rich spirit and brings confidence and tranquility Garnet has been used as protective charm since ancient Egyptian. It isalso well known that the crusaders wore it as the gemstone of victory. It is also given to mark the eighteenth anniversary of marriage with messageof commitment to that person with unchanging love.


ガーネット 1月 誕生石 をもっと見る

page top