“プロポーズネックレス”という新しい選択肢


「婚約指輪なんて、無理して買ってくれなくても大丈夫だよ」
もし婚約者からこんなことを言われたら、はたして鵜呑みにしてよいものでしょうか?
 
婚約指輪の価格相場は20万~40万ぐらいと言われていますので、なかなかお財布に厳しい値段ではあります。
なのでそれぐらいの出費を浮かせられるとなると、思わずホッとしてしまうかもしれません。
 
・・・ですが、本心から「婚約指輪なんて要らない」と思っている女性なんて、ほとんどいないと思っていいでしょう。
あるリサーチによると、男性が婚約指輪をプレゼントしなかったカップルは、プレゼントしたカップルに比べて離婚率が高いという驚くべき結果が出ているそうです。

やはり女性からすると「本当は婚約指輪が欲しい」けれど、あなたのお財布事情に配慮してしまって、はっきり「欲しい」と言い出せない…。
本音はこんなところでしょう。
 
女性によっては、「“欲しい”なんてせがんでワガママに思われるのも嫌だし、察して買ってくれると嬉しいな」なんて、心の内では思っているかもしれません。
 
男性からすると「面倒だなあ」と思ってしまうかもしれませんが、本音を出さないのが女性という生き物。
これから一生つづく結婚生活を幸先よくスタートするためにも、ここは彼女の気持ちをガッチリと掴んでおきたいところではないでしょうか?

 

婚約指輪より嬉しいという声も!“プロポーズネックレス”という新しい選択肢

「彼女が“指輪は要らないよ”と言ってくれるのは助かるけど、何も買わずにケチだと思われるのも、なんだか気まずいな…」と思っているあなたにお教えしたいのが、最近新たに普及してきた“プロポーズネックレス”という選択肢です。
 
“プロポーズネックレス”、つまり婚約指輪を渡すかわりにネックレスをプレゼントするというコンセプト。
実はこれ、指輪に負けず劣らず女性に喜ばれるアイテムなのです。

というのも、女性の多くは「指輪にこだわりがある」というよりも「婚約・結婚という節目で大切に扱ってもらいたい、愛情を形にして示してほしい」というのが本質的な気持ちなのです。

女性によってはむしろ、プロポーズの際に婚約指輪、その後で結婚指輪と2回同じアイテムを貰うより、ネックレスを貰えたほうがお得な気分になれる、ということもあります。

婚約指輪以外のアイテムでもいいから、あなたの愛情がこもったプレゼントをもらえればそれで満たされるということです。

 

指輪以外でプロポーズする男性、増えてます。

これ、「婚約指輪は予算的に厳しいな…」という男性にとっては朗報です。
それも、ただ単に「予算を抑えたいから指輪以外のアイテムにしよう」という方ばかりではありません。

稼ぎも多くてお財布の事情に余裕がある方の中にも、プロポーズネックレスを贈る場合もあります。

プロポーズネックレスを選ぶことには、お金の節約以外にもなにかとメリットがあるのです。

 

人気上昇中のプロポーズネックレス!ネックレスならではのメリットとは?

メリット1.彼女の指のサイズがわからなくても大丈夫!

たとえば、「彼女の指輪のサイズがわからなくても大丈夫」なこと。

特に、サプライズでプロポーズしようと考えているなら、彼女に「指輪のサイズ教えてよー」なんて言うわけにはいかないでしょう。
だからといって、なんとなくの推測で指輪のサイズを選んでも、いざ彼女に渡した時にサイズが全然違ってブカブカだったりしたら・・・。
せっかく準備万端でプロポーズに臨んでも、最後の最後に気まずい雰囲気になってしまいかねませんよね?

それに、何十万円もする婚約指輪を買ったのに、「サイズが合わないからといって買いなおす」、というのは、経済的にもなかなか厳しい話です。

その点、ネックレスなら「サイズが合わなかったらどうしよう」なんて心配をすることもありません。
「このネックレスは綺麗だな、彼女もきっと喜んでくれるだろうな」というふうに、ただ彼女の気持ちを考えながら選べばいいだけです。
色々と悩まなくてよくて、シンプルですね。

 

本来、プロポーズの準備というのは、準備するあなた自身が楽しくなくてはいけません。
ストレスを抱えすぎたり、イヤイヤながらやっていると、相手にもネガティブな感情が伝わってしまうものです。

「こんなプロポーズなら彼女も喜んでくれるはずだ!」と、あなた自身がワクワクしながら準備していくこと
これが自然と、「喜んでもらえるプロポーズ」につながる秘訣なのです。

 

メリット2.結婚指輪と併用して身につけられるから、彼女の喜びも2倍増し!

「結婚指輪を買ったら、それまで付けてた婚約指輪はどうなっちゃうんだろう・・・?」
そんなギモンが浮かんだことはありませんか?

一般的には、結婚指輪を買ったからといって婚約指輪はお蔵入りになるわけではなく、薬指に結婚指輪と婚約指輪を両方付ける、いわゆる「重ね付け」をする人が多いです。
たしかに、「重ね付け」なりの良さというのもあります。

が、今回あなたにご提案したいのは、「指輪と別のものをプレゼントする」という、彼女を2倍喜ばせるプランです。

彼女の薬指を結婚指輪で、首元はプロポーズネックレスで飾ってあげる。
彼女にとってみれば、あなたから贈られたプレゼントが手元を見る時も、鏡に映る自分をみる時も目に入るから、あなたにプレゼントを贈られた時を思い出す時間が長くなります。

この組み合わせはとても喜ばれます。

さらに、ネックレスは指輪よりも気軽に身につけられるので、お仕事をされている女性にとっても使い勝手がよく、実用的でもあります。

 

価格的にも婚約指輪よりお手頃。プロポーズネックレスの気になる値段は?

婚約指輪の価格相場は、20~40万円の範囲です。

いっぽうでプロポーズネックレスは、手頃なものだと5万円代から、高額なものだと40~50万円まで値段の範囲が幅広くあります。
婚約指輪とは違い、「プロポーズネックレスの相場はこれぐらい」というふうな共通認識があるわけではありません。

なので、経済的事情などで節約したいと思えば、5万円~20万円弱のネックレスをお買い求めいただくとよいでしょう。

浮いた分の予算を新婚旅行の充実に回したり、新婚生活への備えを少しでも多くする、なんて選択肢もチョイスできるようになりますね。

 

婚約指輪とプロポーズネックレス、どっちでプロポーズするべきなの?

「プロポーズにネックレスを贈る」という選択。
これを選ぶのは、けっして「お金の節約」のような消極的理由ばかりでなく、「婚約指輪とは一味違う喜びをプレゼントしたい」といった思いから選ぶ方もいらっしゃいます。

「スタンダードに婚約指輪をプレゼントすること」と「自分なりの想いを込めてネックレスをプレゼントすること」。
どちらを選ぶべきかというのは、最終的にはあなた自身の考えだけではなく、彼女がどういった人なのか、どういうプレゼントを喜ぶ人なのか、というところ次第だと思います。

あなたの彼女は、「シチュエーションを喜ぶタイプの女性」ですか?それとも「あなたに“愛されているという実感”を喜ぶタイプ」でしょうか?
これまでのデートや色々なやり取りを思い出してみてください。

 

「シチュエーションを喜ぶタイプの女性」、たとえば「クリスマスのデートはイルミネーションを見に行きたい」といったり、「普段のデートもお洒落なカフェが好き」というような人であれば・・・
「指輪の入った箱をパッと開けて、指に通してもらう」「そして薬指に輝く婚約指輪を周りにも見てもらって、祝福を受ける」という“シチュエーション”に強い憧れがあるかもしれません。
こんなタイプの彼女であれば、やはりプロポーズには婚約指輪を渡すのが無難かもしれません。

 

さて、もしも彼女が「あなたから思いや熱意をぶつけられるのを喜ぶタイプ」であれば。
「デートの場所がどこか」というより「あなたとの話が盛り上がること」を重視したり、「工夫のこめられたプレゼント」を喜ぶタイプであれば・・・
“プロポーズネックレス”のプレゼントを贈ることが、彼女の期待を上回るきっかけになるのではないでしょうか?
そして、「どんな気持ちでネックレスのプレゼントを贈るのか」という想いをロマンチックに語ることが出来れば、とても感動的なプロポーズになるでしょう。
何年、何十年と経った後も、彼女が“思い出”として胸に刻んでくれるようなプロポーズになるかもしれません。

最後に

あなたのプロポーズが絶対にうまくいくよう、ジュエリーSUEHIROにパックアップをお任せください。
東京の下町で75年、数えきれないほどのカップルの幸せを見送ってきたSUEHIROには、チェーン店にはない膨大な「幸せづくりのノウハウ」があります。

プロポーズ用のジュエリーをご自身の判断だけで決めるか、それとも「プロによるオーダーメイドの提案」を受けて決めるか…。
あなたと愛する人が、門出の時だけでなく、何十年後も幸せな笑顔を浮かべていられるように。
年齢によって移ろい変わる“似合い”の基準も、いまのお二人のお姿から精確にシュミレートして提案できるのが「プロのノウハウ」です。

ぜひ一度、私どものお店へお越しください。
ご購入を決められるのはそれからで構いません。


ダイヤモンドジュエリーのページへ戻る

page top